2ちゃんねるオカルト板の「呪術・呪物について語るスレ」のまとめサイトです。

絵画に宿る力について

410 :本当にあった怖い名無し:2009/06/08(月) 10:27:44 ID:hLhupcUrO
では、
飾ると火事を呼ぶという「青い目の男の子が描いてある絵」があるそうですが
何枚も刷られているものに力があるものでしょうか
というかコピーしたものが力を持つというのはありえるんでしょうか


411 :本当にあった怖い名無し:2009/06/08(月) 11:43:50 ID:m5rJrU1m0
>410
例えば呪いの絵画と呼ばれるものにもいくつかパターンがある事が確認されている。
大別すると大体以下のとおり
”舛れているものに仕掛けが施されている
表面的な絵ではなくその他の部分に仕掛けがある。キャンパス、絵の具、額縁、下絵etc
3┣茲ある種の依代となっている。人物画に多い。

このうち△離僖拭璽鵑任魯灰圈爾呂泙辰燭効果がないが,話藜造縫灰圈爾任れば問題ないだろう。
は状況によるが因果の糸が成立するかどうか次第ではないだろうか?


412 :本当にあった怖い名無し:2009/06/08(月) 16:06:50 ID:hLhupcUrO
>411
となるとですかね
忠実にコピーするというのは難しいですし、何より版画だったと思うので


413 :本当にあった怖い名無し:2009/06/08(月) 16:58:29 ID:pEYjZuw60
>410
絵そのものに本来は因果や祟りなどがなくても、その周囲にいる人間の「想い」が悪い因縁を呼ぶことがあります
そういう思い込みの目で見ることにより、本来は偶発的な出来事でさえも呪いや祟りの仕業としてみてしまうことがある
そういうことが続けば、周囲の人間たちはこう思い込むようになるわけである
この絵は祟られている、この場所は呪われている、この宝石は持ち主を次々と殺している。。。etc,etc
そして、多くの人のそういう無意識下の潜在的な「想い」が、その物や場所に悪いモノ(霊的に悪い因果や悪霊など)を呼び寄せ、そして呼び集められた悪いモノがそれらの物や場所を本当の呪われた存在としてしまうのである
これが多くの場合の呪いや祟りの誕生するメカニズムである
多くの心霊スポットといわれている場所のいくつかは本来は特に問題のない場所であったが、人々の噂となり多くの人がそう思い込むことにより悪いモノを呼び寄せてしまって本当に心霊スポットとなってしまっているのである


414 :本当にあった怖い名無し:2009/06/08(月) 17:13:04 ID:xLM6CK2x0
まぁ、それを人工的に再現できるかどうかが呪い屋の腕の見せ所だな。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニュー

カテゴリ別

その他の話題

旅行記

未整理記事

編集方針

このメニューが使いにくい方はこちら

管理人/副管理人のみ編集できます