2ちゃんねるオカルト板の「呪術・呪物について語るスレ」のまとめサイトです。

831 :本当にあった怖い名無し:2010/11/23(火) 00:54:26 ID:Vg97M1Qc0
神社の数とは…
http://nippon-bunmei.cocolog-nifty.com/nara/2010/1...

“わが家の宗教―「神道」”の中で、秩父神社の薗田稔先生が次のように述べている。“明治維新の頃、全国の神社数は(略)十八万余りと推定。(略)明治三十九年の神社合祀令直前では十九万三千社。
その後、明治末年まで強制した神社合祀令で十一万余社。現在は宗教法人に列する公認の神社が八万余り。だが、法人の認証を受けていない民間や企業の小社を加えると二、三十万に達すると考えられる。”

 また国が管轄する文科省所轄の他にも、地方レベルの都道府県所轄の神社包括法人・団体が幾つもある。これら大小の法人、或いは任意団体が数十か数百か数千社を傘下に収めている。そのほかにも教派神道系で神社を所有している教団も数多い。
薗田先生の言われる二、三十万は多すぎとしても、神社として体を為している神社は、法人取得の有無は別にして十四、五万社は優にあるだろう。


神社は、呪術的な結界とか守護がかかっているよね。思えばもっともなことだ。
教派神道や企業とか個人まで含めると、15万とかそこらあるという・・。
結界とか守護っていうのも、身近なものなんだ。

832 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/23(火) 01:04:53 ID:coJ1V6RNP
神社自体が土地の鎮めだから結界目的なんだよね
神祗と天部の神々は土地に根を下ろし
好きに付け悪しきに付け念を留まらせる技術だから
他の神社との連携を考えて配置すれば
隠したり際立たせたり色々使える土地の呪術
地鎮祭なんかが一番わかりやすい例

833 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/23(火) 20:24:47 ID:L18DrpHT0
結界の意味が年々変質の一途をたどってしまっているような気がするよ

834 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/24(水) 11:32:54 ID:VpJvmw/QO
>833
差し支えなければ、どの辺りが変わってきてるか教えて貰えると助かる。

結界の意味合いが大きく変化したのは明治頃だろうなとは思うけど、
それ以降も変わってきてるとしたら要因はなんだろう?
勉強中だからこそ、こういう部分が気になるんだ。
835 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/24(水) 22:23:05 ID:uFdnb1uu0
もともとは用途の分類的に結界という意味で使っていたはずのもので技法そのものを指していたわけではなかったが
最近では『図形の呪術やその技法=結界』的な使い方をしている人が多いように感じる

836 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/24(水) 22:29:33 ID:uFdnb1uu0
多分あれだな領域というものに対する感覚自体が喪失されつつあるんじゃないかな
登山の前に潔斎するなどの習慣も最近はもう絶滅寸前だし
幽明相隔てるということがもうわからなくなってきてしまっているのかもしれない

837 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/26(金) 10:39:36 ID:+rEYJ7tqO
結界を張るというのは 自然の節理に反するのではないかと考えるが。
いかがかな?
人の手の入る所結界あり 最寄りの山頂でさえ山の気を制御しようと祠がある。
自然の集合意識がこの結界を良しとしない流れになっているから、その反動が最近顕著に出てきている。

838 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/26(金) 11:45:01 ID:EicR0QX40
>自然の集合意識がこの結界を良しとしない流れになっているから


根拠を


「なんとなく自然は善で、人間は悪だから」とかじゃなくて
839 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/26(金) 12:26:37 ID:ukpk7Z6D0
つ縄張り

もともと人間の為のものではなかった
人間中心主義に毒されすぎ


840 :本当にあった怖い名無し:2010/11/28(日) 21:30:16 ID:lvy8epwb0
領域の弱体化は社会の変化や情報化社会などによる身近な地域コミュニティの弱体化と分散などにより
規範や契約などの形成といったものを体感しづらくなっていることがあるから。
それらを基盤とする呪術も当然その効果は弱体化するだろう。

日本の場合、戦後の倫理的規範を宗教から儒教的な方向にシフトさせたが
やはり既存の思想体系のほぼ全てが弱体化させられナショナリズムも忌避する方向に導かれた影響は
現在も緩やかに続いていることも事態に歯止めを欠けれなくなってしまっている一因になっている。
カウンターカルチャー的な流れもオウム事件をきっかけに成立する兆しは閉ざされ
いまや精神文化は衰退の一途をたどり、民間の呪術者や海外の精神文化に依存する始末
パワースポット連呼している現状がまさにそれ

841 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/29(月) 06:07:23 ID:fRHg0ieR0
シフトじゃなくてシャフトさせた じゃないの?

842 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/29(月) 06:08:53 ID:fRHg0ieR0
あっやっぱりシフトか、なるほどねえ・・。

843 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/29(月) 07:11:02 ID:GRDRH0aP0
シャフトを動詞として使うってどういう場合だ

844 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/29(月) 22:56:12 ID:dLwjwyVa0
まぁクリシュナムルティが語るような神の世界からの解放は当分無理だろ

社会主義国家ですら結局は人間の神格化の呪縛から逃れられなかった
焼け石に水とはいえ残念ながら俺らは物語を紡ぎ続けるしかないわな

そろそろ救世主という名の神を誰かが作り出す時期だぜ

845 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/30(火) 08:10:18 ID:Oc/a2jvK0
ラノベぽい

846 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/11/30(火) 22:20:29 ID:0Z78puhy0
神をラノベ思考とか厨二病と置き換えても意味は通じるからな

847 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/01(水) 22:22:05 ID:07QemkHB0
前回の神智学協会の計画は失敗した
その前のトゥーレ協会の計画も失敗した

だがあいつらは諦めないだろうさ
クリシュナムルティの呪縛が解けたらまたぞろ蠢きだすよ
あいつらは世界の救済をおこなうという呪いに縛られてるからなぁ

877 :本当にあった怖い名無し:2010/12/22(水) 16:07:09 ID:TDU4D/wf0
例えば伝統的な結界の一種として四辻に霊的守護を施すことにより
領域を作り出し魔の侵入を防ぐという手法はかつては一般的に行われていた。

今はこういった行事が失われつつあり、人の心に魔が差しやすくなってきています・

千葉県や茨城県といった地域は蛇神の勢力化にあったのでこういった行事でも
アラハバキや夜刀神と呼ばれた彼らへの信仰がわずかながらに残っている

http://www.city.ichikawa.lg.jp/edu09/1541000011.ht...

878 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/24(金) 22:53:57 ID:bH1NCL3d0
冬至の話さ

879 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/25(土) 01:12:04 ID:dTd6cNeD0
結界っていわゆるファイアウォールみたいなもんでしょ?

882 :本当にあった怖い名無し:2010/12/25(土) 23:17:54 ID:l3yM6NrE0
もともと結界というものが仏教用語であったことからもわかるかもしrないが
これらは非常に仏教的な思想を基にしている
区切るという行為によって生じる空、空間それそのものの行為をさして結界と為す

http://wiki.livedoor.jp/spell_fetish/d/%b6%e5%bb%f...
http://wiki.livedoor.jp/spell_fetish/d/%b1%f6

空間という概念を生み出しそれを操るというのはこの道における一つの体系ではあるが
究極的には回帰するのかもしれん

885 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/27(月) 22:13:25 ID:NE4ldEU0P
>881
俺もそう思うね
内側から念の圧を高めて入ってこれないようにするようなのが基本だからね

887 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/28(火) 21:58:23 ID:kvB2Ilbh0
本来結界は空間の認識という部分が主軸で
呪的な意味は強かったり薄かったりするもんだったのが
今では一部の使い方のみがクローズアップされちまった

たぶん漫画とかの影響

888 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/28(火) 22:18:01 ID:1G0HTMmzP
空間って言うのかね?
空間と言えば空間なのかもしれないが・・・

いちおう滝行を結構やってる修験の先達なんだが
若いもんが打たれた後のご不浄が落ちると川底がえらい濁る
早九字すると一瞬で透明になって動きが止まるよね
それを押しつぶすような感じなんだが・・・。

889 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/28(火) 22:47:13 ID:kvB2Ilbh0
空間という言葉自体がまぁ本来は仏教的な出自の単語だからな

今では物理のほうにイメージ引っ張られちゃっててそっちの方を連想するけど
色々な分野で使われてる

890 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/28(火) 22:52:48 ID:kvB2Ilbh0
色即是空 空即是色の意味を呪術的な見地から考えると
つまるところ空を操るということは結果的に物事を操るということになり
空間を統べるということはその領域において世界を統べるということになる。

これは極論だが・・・>33あたりのことだな

891 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/29(水) 12:20:31 ID:d/dA0UbfO
髪が伸びる鬼子母神像だかで和尚さんが「そこから結界なんで入れないです」って言ったのが印象的だったな
いまどき使われてる結界の意味とは違った意味だったような気がする
片足突っ込まれてたけどね

892 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/29(水) 12:32:03 ID:K0lpSV/bP
>891
その番組見てたけど
あの坊さんが言ってる結界ってここで言う結界とはちと違うよ
お寺用語で坊さん以外入っちゃいけない場所って意味で結界って使うんだよね
お同の中は内陣と外陣と言う場所があるんだけど
内陣は坊さんが修法やる場所で本尊の前とかを指す、ここは坊さん以外立ち入り禁止
外陣は信徒さんが座る場所
これを分ける意味でその境目を結界と呼ぶんだよね
あと衝立みたいなのも結界と呼ぶね
一応俺も坊さんなんで・・・。

893 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/29(水) 15:59:51 ID:YvpcpJEe0
まぁ区切るという意味で本来はそっちがメインだったはずなのよね

894 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/30(木) 20:17:13 ID:lrQU6v52O
陰陽師にも結界ってあるけど(?)いつ仏教と混じったんだろうな
それとももともと違う名前だったけど統合されてしまったとか

895 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/30(木) 20:30:49 ID:5c477vojP
陰陽道や道教みたいなのは大乗文化の影響下だからどっちが先ってこともないんじゃないかと・・・。

896 :本当にあった怖い名無し[sage]:2010/12/30(木) 21:45:04 ID:sR5Y0qSJ0
そもそも陰陽道自体が神道仏教道教呪禁道とかの複合呪術体系だから
いつ混じったかといわれたら最初からですとしか言いようがないんじゃ・・・

おおきく原型となる道教にしろこれも様々な土着宗教や鬼道といったものが複合したものに
仙道と学問が複合して生まれたものである

もっと突き詰めて言えば純粋な系統を保持する呪術体系なんてものはそれこそほぼ皆無なのでは?
タグ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニュー

カテゴリ別

その他の話題

旅行記

未整理記事

編集方針

このメニューが使いにくい方はこちら

管理人/副管理人のみ編集できます