2ちゃんねるオカルト板の「呪術・呪物について語るスレ」のまとめサイトです。

いわゆる人に危害を加えるための呪い。
人を呪わば穴二つ。。。

385 :中常侍 うんこ ◆knhfo7S6wc :2009/10/09(金) 23:27:32 ID:037Bx+MY0
モテモテC・ロナウド“魔術合戦” 元カノ?と呪いの応酬

ポルトガルの日刊紙コレイオ・ダ・マニャによると、海外の女性資産家が、C・ロナ
ウドに「裏切られた」として、スペインの魔術師「ペペ」に同選手のサッカー選手と
してのキャリアを終わらせる“呪い”をかけるよう依頼したという。その効果か偶然
か、C・ロナウドは9月30日の欧州チャンピオンズリーグの試合で右足首をねん
ざ。10月4日のスペインリーグを欠場した。この負傷についてペペは、自分の魔
術の威力のおかげと明言。コレイオ紙には、黒のろう人形とC・ロナウドの名前を
走り書きした写真を持っているペペのカットも掲載された。ペペは「これは仕事。
(C・ロナウドに)個人的な恨みは何もないが最後までやり遂げる」。依頼主の女
性については明かさなかったものの、女性から1万5000ユーロ(約196万円)を
受け取ったという。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091009-00000504-sanspo-socc


386 :本当にあった怖い名無し:2009/10/09(金) 23:42:07 ID:s2YZHiO70
人の怨みは呪いより恐ろしい


387 :本当にあった怖い名無し:2009/10/10(土) 03:17:14 ID:GGHpwwN10
自分が昔このスレに書いたかは忘れたけどやった呪はこのクリロナにかけられたやつと同じのだ


388 :本当にあった怖い名無し:2009/10/10(土) 14:19:04 ID:bQDsVdCe0
日本は呪い屋が儲からない職業なのに海外ときたら


389 :本当にあった怖い名無し:2009/10/10(土) 19:46:44 ID:svuU3kcy0
ばれたら無効って概念がないのは意外だった


390 :本当にあった怖い名無し:2009/10/10(土) 19:49:56 ID:bQDsVdCe0
ばれたら無効っていうのは正確には実行者がわかってしまったら無効ってことなんだよな

対策がたてられたら終わりというか、誰が呪っているかわからないからこそ意味があるというか


391 :本当にあった怖い名無し:2009/10/10(土) 19:51:02 ID:bQDsVdCe0
単純にアピールしたいだけならこういう風なパフォーマンスはそれなりに有効だろうな


392 :本当にあった怖い名無し:2009/10/10(土) 20:37:16 ID:tCsx3dZa0
根っからの悪人か肝っ玉の座った人じゃないと、自分が呪われるほど怨まれてるって知るだけで戦々恐々


393 :本当にあった怖い名無し:2009/10/10(土) 21:07:30 ID:bQDsVdCe0
そう、恐れと疑いこそが呪いの増幅装置になってる


394 :本当にあった怖い名無し:2009/10/10(土) 21:10:51 ID:tCsx3dZa0
人間疑心暗鬼になると碌なことにならないからな。
自ずと破滅への道を辿ることもあるだろう。
これを「呪いが効いた」って言うんだろうな。


441 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 23:27:01 ID:VQaS/LQo0
ただ恐怖心がない場合かなり効果は軽減されるだろうね。
強靭な精神力とかもキツイ


442 :本当にあった怖い名無し:2009/10/15(木) 23:39:15 ID:b97QKXDZ0
普段から人に怨まれるのに慣れてる人はかなり効き難そう。

環境汚染型の呪詛


128 :本当にあった怖い名無し:2010/01/29(金) 21:01:32 ID:AZWego460
まぁ・・・恨みを買うようなやつは悪意に対する耐性が強い場合も多いけどな

資金面に余裕があるなら直接的な呪詛よりも環境汚染型の呪詛のほうが効率的かね


129 :本当にあった怖い名無し:2010/01/29(金) 23:45:55 ID:32IIMfBK0
環境汚染型?


130 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 08:48:39 ID:Eizemu0y0
土地対象


131 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 11:23:39 ID:hVYkzI210
土地を汚すのね。なるほど。


132 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 11:24:36 ID:HN2YCLaBO
毎日ゴミを積み重ねるやつとかか


133 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 11:47:14 ID:Eizemu0y0
間接的になるのでこれも反りが吹きにくい
ただ準備の為の時間と金がかかる

しかし、これのもっとも優れている点は形に残りやすいという点
形として残る分構築者の技量やセンスが機能美的な美しさを作り上げることがある

時の経過による変化がそれに華を添えてまた一種の退廃的な美しさを醸しだす


134 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 12:06:15 ID:hVYkzI210
形として残る?
物質的に何か作るの?


135 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 12:39:56 ID:Eizemu0y0
あちこちに仕込みや呪術的な仕掛けを設置するわけなんだが

道祖神とか銅像とかの類の魔除けとかを配置するのと逆のベクトルでそれを行う


136 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 13:33:48 ID:hVYkzI210
気の流れを妨害したり、悪魔の象徴みたいなのを置いてみたり?


137 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 13:42:39 ID:Eizemu0y0
そんなのに加えてあとは既存の魔除けの類の無効化もしくは無力化とかかな
変質とかになってくると職人芸すぎてオラワクワクしてくっぞ



138 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 13:44:27 ID:hVYkzI210
魔除けの札を呪いの札に変質させてしまうわけですか。


139 :本当にあった怖い名無し:2010/01/30(土) 13:47:49 ID:Eizemu0y0
設置と除去の作業をひと手間で省き偽装もしやすいとか感動するよ

呪詛の仕組みと呪い返し


517 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 18:07:32 ID:E3NI4CI7O
呪いってどうやるのそんでもって呪い返しってどうやるの
どういうメカニズムで呪いは発動するのか理論的に説明求む

520 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 18:41:38 ID:1AtFx6Hw0
>517
要するにコミニュケーションの一種だと考えてみたまえ
例えば特定の仕草を行うといったものも何らかの儀式を行うというものも突き詰めれば
悪意の伝達というコミニュケーションの一つ

悪意の伝達によって対象者に歪みを与えるわけだ


521 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 19:59:40 ID:E3NI4CI7O
>520
なるほど、それで精神に影響は本当に与えられるのか?
相手が鈍感だったら精神に全く影響受けないよね
というか気がつきもしないだろうから
鈍感で呪い返ししている人とかもいるってことですか?

522 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 20:04:21 ID:E3NI4CI7O
鈍感なことで自然に呪い返ししちゃっていることもありますか?
天然ボケや悪い事をした、恨まれていることに無自覚な人にはいくらやっても効かないときいたので




523 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 20:07:48 ID:BpA1TKGE0
てゆか>>521はどうやるのなんてレス読めばわかるでしょ
呪いの定義って地域とか派閥?によってもその定義は異なると思う


524 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 20:12:44 ID:1AtFx6Hw0
前にもチラッと出ていたけど悪意を向けられやすい人は
そういうものに慣れていたり鈍感だったりすることが多い

そういう場合はまず精神状態を崩すことからはじめる
間接的に周囲の人間環境などから徐々におかしくさせたり
ペットが不審死をとげたり、精神を乱すような土地に変えてみたり
本人の潜在意識側からもアプローチしてみたり

計画的に異常な状況に追い込む。根も葉もない噂とかも積もり積もれば
凶悪になる


525 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 20:21:32 ID:RPzuAdKCO
誠実な思索を偽装した質問形式の荒らしを相手にしても
得るところはないが一応言っとくか。呪術の効果には心理学的
側面もあるが、物理学的側面もある。つまり相手の認知や感性に
必ずしも依存しない。このため近代科学の範疇で解釈しきれぬ部分も残る。以上。


526 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 20:28:53 ID:1AtFx6Hw0
何でそんな面倒なことをしなきゃならないかというと
単純な呪術だけで人を呪い殺すようなことはなかなか安定してできるものではない。

逆にいえば成功例はとても貴重であり、
その結果として呪いをもたらすような力をもつに到った物品というものは希少価値がある。

呪いの転用というのは扱いが難しいが一種のステータスではある
呪いを秘めた物品は見方を変えれば貴重な資源ともいえる、


527 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 20:46:49 ID:E3NI4CI7O
対象が悪意、悪口、批判の概念そのものが異なると精神攻撃はできないどころか精神的、物理的に逆流しちゃいますよね?



528 :本当にあった怖い名無し:2010/02/18(木) 21:01:04 ID:1AtFx6Hw0
そもそもコミニュケーションがとれないなら前提条件が成り立たないからそりゃ無理だ罠

とはいえそんな間抜けな事をするほうもするほうだろうが


529 :本当にあった怖い名無し:2010/02/19(金) 19:30:43 ID:rz0/59QF0
土地対象だと地霊を悪質な魂振りで賦活させて祟り神となすなんてやり口もあったかしら


530 :本当にあった怖い名無し:2010/02/19(金) 22:41:33 ID:vW0kuQVr0
>529
kwsk


531 :本当にあった怖い名無し:2010/02/19(金) 23:00:19 ID:JCmnynSR0
>526
成功例はそんなに貴重なのか?
相手を倒すまでに半年かかったけれど成功したことがある。
そいつは他人を虐げても自分を絶対正しいと信じて疑わないクズだったから
これだけ時間かかったんだろうが。


532 :本当にあった怖い名無し:2010/02/20(土) 00:16:02 ID:TcUnEwYc0
>531
kwskお話聞きたいなあ


533 :531:2010/02/20(土) 00:53:48 ID:lQBIIUuS0
>532
524のようにやると、呪う前に手間と準備がかかり過ぎて
肝心の呪詛ができなくなりそうなので一切やらなかった。

使った術式は特になし。
ただ稲荷を使った。


534 :本当にあった怖い名無し:2010/02/20(土) 01:03:23 ID:UTyxBN2y0
お稲荷さんから請求書こなかったですか?


535 :531:2010/02/20(土) 01:18:41 ID:VcKWpRz70
それはまだ来てない。


536 :本当にあった怖い名無し:2010/02/20(土) 03:43:58 ID:TcUnEwYc0
>533
お稲荷さんにお願いしただけ?


537 :本当にあった怖い名無し:2010/02/20(土) 10:18:00 ID:z/L1BAWd0
>529
荒魂を鎮め他の三魂を賦活させるのが通常の神事なわけだが
それの逆をするのよ
守護霊としての要素を眠らせ崇り荒ぶる霊としての霊威を顕現させるわけ

昔のトラウマをほじくりかえして機嫌を悪くさせるようなかんじよ



538 :本当にあった怖い名無し:2010/02/20(土) 10:20:17 ID:z/L1BAWd0
>534
請求書がきてないと仕事として成立しないかもね
他の人が頑張ったという可能性だってあるわけだし


542 :本当にあった怖い名無し:2010/02/20(土) 13:28:23 ID:TcUnEwYc0
請求書って何の事だろう?
見返りに○○しろって何か来るの?


543 :中常侍 うんこ ◆knhfo7S6wc :2010/02/20(土) 13:34:03 ID:mhOEKrvZ0
せいきゅう‐しょ【請求書】 
品物の代価の支払などを請求するために差し出す文書。


544 :531:2010/02/20(土) 17:39:05 ID:lQBIIUuS0
>536
その時は祈願という形を取ったけれど
それより数年前から個人的に関わりが出来ていた。
>538
普段から色々やらかしているから周囲に集まっている
変なもんが実行したかもしれんね。
どっちにしろ結果が出たから良しとしている。

人を呪わば穴二つ


658 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 21:27:55 ID:kGjhYkPN0
人を呪わば穴二つってよく言うよな
それで以前から疑問に思ってたことがあるから意見や体験を聞かせて欲しい

例えば誰かから悪意を持った行為をされた時に、自分が呪いという形で仕返しした場合
その「誰か」の側から見れば、自分(「誰か」)が悪意を持った行動をしたが為に罰が返ってきた、という見方ができるけどそういう場合でも呪いが返ってくる?


659 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 21:43:21 ID:14FoCYOD0
悪意を持った行動をしても罰は返ってこないから関係ないです

因果に善悪を挟むというのは単なる道徳説話


660 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 21:48:15 ID:kGjhYkPN0
説明不足ですみません
>658での「悪意を持った行動」というのは、故意に相手に対して害を与える行動のことです


661 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 21:53:43 ID:14FoCYOD0
ええですから、害を与えたとしてもそれは必ずしも苦果に結びつくとは限らないからです
何らかの行為を行った場合、その行為に対しての自然な反応が返ってくるだけというだけのことなのです


662 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 21:55:32 ID:14FoCYOD0
つまり、この場合最初の行為を行った時点で呪いが行われ、
またその呪いが返ってくる部分まで含めて因果が決定されたわけです


663 :中常侍 うんこ ◆knhfo7S6wc :2010/02/27(土) 21:56:38 ID:ywbkNWMm0
いん‐が【因果】 
(1)〔仏〕
(ア)直接的原因(因)と間接的条件(縁)との組合せによってさまざまの結果(果)
  を生起すること。今昔物語集(4)「仏法を悟り―を知りて極楽に往生する」
(イ)特に、善悪の業(ごう)によってそれに相当する果報を招くこと。また、その法
  則性。太平記(2)「―に依つて田夫は沙門と生れ、蛙は波羅奈国の大王と生れ」
(ウ)悪業の果報である不幸な状態。不運なめぐり合せ。昨日は今日の物語「いか
  なる―にて我らはかやうにあさましき事や」。「これも―とあきらめる」「―な話」
(2)原因と結果。


664 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:02:47 ID:0omIa2H60
可愛いよ、うんこ 可愛いよ


665 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:06:27 ID:kGjhYkPN0
つまり>>658の誰かをA,自分をBとした場合
AはBに害を与え、自然な反応としてBはAに害を与えられる
BはAに呪いによって害を与え、自然な反応としてAはBに呪いによって害を与えられ、Bには自分にかけた呪いが返ってくる
ということでしょうか?


666 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:10:00 ID:14FoCYOD0
そうです。最終的に両者とも自分の行動に対しての結果を受け取っているというだけのことなのです
因果応報ですね


667 :ミノムシ ◆WIIEP92EG2 :2010/02/27(土) 22:21:03 ID:oiFYAXb0O
えっ?えっ?むずかしくてよくわかんない(*^^*)?

呪われて呪い返すってこと?


668 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:32:26 ID:kGjhYkPN0
>667
呪いでは無い方法で故意に自分に害を与えてくる存在に対して、仕返しとして呪いを行った場合、自分にその呪いは返ってくるのか?ということです
仮定ですので、実際に呪いを行ったりした訳ではありません


669 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:33:42 ID:GKwJcBx/0
バランスを取るようにエネルギーが移動するんです。自然現象です。
因果を知れば往生できるわけです。


670 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:38:46 ID:kGjhYkPN0
>669
因果とはどういうものなのかまだ理解できていませんが、つまり呪いで無くとも故意に人に害を与えればそれ相応の害が自分にも与えられるということですか?


671 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:40:44 ID:14FoCYOD0
まぁエネルギーというと語弊を生むのでまぁ仏教的には業とか呼んでるみたいだけど


675 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 22:50:17 ID:14FoCYOD0
害を与えればというよりかは何事か為せば、それに応えて自然な反応の連鎖によって結果となるという事

つまり人を殴ると一口に言っても「目を覚ませ!」と愛を持って行うのと
「死ねこの野郎!」と憎しみに任せて行う行為では自然結果も異なってきますよね。

何かをするという事は常に未来に起こる出来事の原因となるということです。
悪意を持って人に何かすれば、悪意が返ってくるというのは人間の反応としては自然に近く
高確率で起こりえる出来事でしょう



676 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 23:11:59 ID:kGjhYkPN0
>675
つまり「人を呪わば穴二つ」を
人が人に対して何らかの行為を行った場合、(俗に言う神様などからでは無く)その相手から何らかの反応が返ってくると解釈しているのでしょうか?
仮に自分が他人に呪いを行っても、呪いをされている側から見てそれが誰によって行われているのかわからない場合、自分にはその呪いが返ってこないということですよね
>665とは違う結果になりませんか?

読み返してみたらわかりにくいところがあったので訂正します
>665の「Bには自分にかけた呪いが返ってくる」は
「自分にかけた呪い」が返ってくるのではなく、自分に 「掛けた呪い」が返ってくるという意味です


678 :本当にあった怖い名無し:2010/02/27(土) 23:21:34 ID:GKwJcBx/0
想念のエネルギーがバランスをとるの。
すぐに返ってくるだけじゃなくて、人生まるまるで考えることも必要。
親の因果が子に報い。も有。




681 :中常侍 うんこ ◆knhfo7S6wc :2010/02/28(日) 00:00:21 ID:ywbkNWMm0
ごう【業】 
(呉音)
(1)〔仏〕(梵語 karman 羯磨(かつま))
 (ア)行為。行動。身(身体)・口(言語)・意(心)の三つの行為(三業)。また、その
   行為が未来の苦楽の結果を導くはたらき。善悪の行為は因果の道理によって
   後に必ずその結果を生むというのが仏教およびインドの多くの宗教の説。
 (イ)業の果報。
(2)業腹(ごうはら)の略。




711 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 18:45:35 ID:swncqxWK0
たとえばコノヤロー ゜Д゜)━━━○)´Д`)・:'. グハッ
と殴るとする。このとき´Д`)・:に加わる打撃力と同等の力が'━━━○に加わっている
みたいに呪術のときも反作用があるというのが穴二つの正体じゃね?

     


712 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 18:53:38 ID:B6u3k7Hv0
ちがう やはり素直に
゜Д゜)━━━○)´Д`)・:'. グハッ
´Д`)━━━○)゜Д゜)・:'. グハッ


715 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 22:08:37 ID:gCXXsraEO
反作用はプロ呪術師がパンピーに乱用をさせないための戒め

呪術が一般化したら プロ呪術師はおまんまの食い上げだから。

反作用云々いってたら、プロ呪術師だって術毎に死んでるし。

アマチュア呪術師でも 念の強さと呪術理論がしっかり理解できてれば、プロ呪術師より強いでしょう。


716 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 22:29:55 ID:B6u3k7Hv0
「術毎に死ぬわけではないが、みんな酷い死に方してる」

と、家猫のパンピーが言ってます。



717 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 22:47:00 ID:W0T2reeh0
ひどい氏に方した人は何かしら呪してたから?


719 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 22:55:48 ID:B6u3k7Hv0
「思念バランスがとれなくなるから」
と、家猫のパンピーが言ってます。
バランスをとるのがプロなわけだが、長年やってるとねぇ。
カバラの知識の有無が生死を分けるそうです。


720 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 22:57:23 ID:YlGws09O0
あーうん、たぶん現実とは違うからあまり気にしなくていいとおもうんだ


721 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:03:11 ID:B6u3k7Hv0
猫の話だからね。
でも、恨みは許して解放していかないと幸せにはなれないって、
頭蓋骨整形外科の権威も言ってた。


722 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:21:12 ID:gCXXsraEO
妄想をしたという現実は 現実で妄想を行ったという現実で、
現実の中に妄想があり、妄想も現実の一部でもある。
この垣根を取り払う事が魔法である。

厭魅は 同じ形 対象の一部など「近いモノは互いに影響し合う」という理論に乗っ取った術である。


723 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:35:46 ID:6pHL+26V0
>719
ネコ語⇔オカルト用語、通訳してみるw
生命の樹に関する知識を極めずに
智慧の樹に触れるのは自殺行為だよ、と
そう伝えてたんじゃないかねえ?
(だとしたらマジの霊猫だが…)


724 :中常侍 うんこ ◆knhfo7S6wc :2010/03/03(水) 23:41:22 ID:zONED+MI0
せいめいのき【生命の樹】
(Tree of Life)
 峙賁鸚蚕顱廚茲蝓エデンの園に生えている樹のことで、その実を食べると永遠
の命を得ることができるとされる。もう一方の「知恵の樹」は、アダムとイヴが食べ
た「知恵の実」をつけた樹である。
▲罐瀬篆脆觴腟繊屮バラ」における重要な概念、「セフィロトの樹(Sephirothic
Tree)」のこと。根と枝を逆さまにした樹の図で象徴化される。


725 :本当にあった怖い名無し:2010/03/03(水) 23:41:54 ID:YlGws09O0
あーうん、言語的に妄想と観想は別に考えた方がいいと思うんだ・・・


728 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 01:02:22 ID:L8gogtrs0
プロでも呪い合戦で常勝してきたような人でも
最後は凄惨な最後になると四国の拝み屋でも書いてあったね


730 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 02:58:57 ID:Lbk7+YTq0
>728
なんでなんだろうね。
無意識に酷い死に方を選んでるのかな?




731 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 06:54:10 ID:ddCJYBTd0
酷い最後になるから権力者が拝み屋を頼むんだろ
使いっパシリ


733 :本当にあった怖い名無し:2010/03/04(木) 08:18:59 ID:mItVRIp30
>730
返りの風の回避方法に、時間差というか術者の存在をずれさせておくという技法が



29 :本当にあった怖い名無し:2010/03/17(水) 11:13:28 ID:sDovMhJg0
人を呪わば*二つ


30 :本当にあった怖い名無し:2010/03/17(水) 12:56:19 ID:MXjaFBuS0
因果応報の考えで言うならば、
何もされていないのに相手を呪う場合は自身にもなんらかの結果が返ってくるだろう。
しかし、相手の謂われなき様々な圧力に対抗して呪うのであれば、それは正当な行為と言える。

つまり、相手の行なった行為(原因)があってこちらの呪い(結果)という図式が成り立つのです。




31 :本当にあった怖い名無し:2010/03/17(水) 13:05:48 ID:ZpFeocVE0
いやだから、因果応報に正当性とかは含まれないよ
ただ、原因と結果があるだけだから

例え腹が減っていようが減っていまいが、外食したら料金を請求されるだけ


32 :本当にあった怖い名無し:2010/03/17(水) 13:20:01 ID:9JLqmeKiO
そこら辺は皆さん綺麗に意見が別れますよね

呪いに正当性はないと思いますが黒魔術スレではあるといいますし・・・


33 :本当にあった怖い名無し:2010/03/17(水) 14:05:34 ID:ZpFeocVE0
それを成り立たせるならば不変の基準がなければ成り立たない
そしてそれを成り立たせるのは教導型宗教であり
それらを創造、操作するのは秘術者やその集団。

もちろんそれらの内部に存在している人間ならば因果に善悪を主張するのは当然の話
なぜならばそれらの影響下内に限定すればその規律は正しく機能するから。

しかし、それらはあくまで限定された範囲内の出来事であり、我々人類が統一言語すら持たない現状では
そんな大秘術を構築できるはずがない。

それこそバベルの塔の御伽噺にすぎない


39 :本当にあった怖い名無し:2010/03/17(水) 15:21:27 ID:MXjaFBuS0
>31
> つまり、相手の行なった行為(原因)があってこちらの呪い(結果)という図式が成り立つのです。

「人を呪わば穴ふたつ」と云うのは必ずしも成立しないと言う事です。


40 :本当にあった怖い名無し:2010/03/17(水) 15:23:25 ID:DZLxdgzTO
洗脳も呪術みたいなもんだよな
宗教みたいに人間を自在に操作することができるわけだし
信仰心深いと身を投げ捨ててでも命がけで教祖の為に行動しちゃうわけだし
ある意味呪術より強力なのが洗脳じゃないかとさえ思う



呪詛と個人情報


802 :本当にあった怖い名無し:2010/03/05(金) 23:58:14 ID:KLQBfMXD0
某皇族の血を引く人が某コラムで「呪われるから生年月日を公表しない」とか
言ってたけど、どうなの?
生年月日分からなくても呪おうと思えば呪えると思うけど。


808 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 09:26:01 ID:s6oeulgk0
>802
真名とか生年月日とか詳細な正しいデータがあればあるほどいい
そういった立場の人間は公開しているプロフィールなどに偽情報を混ぜた方が効率がいいとは思うが
立場上難しいのだろう


810 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 19:26:00 ID:zQ8bxC0H0
>808
オカルトを信じるタレントさんなんかはそういうの意識する人もいるんだろうね。
あからさまに「呪われるから非公表」とはあんまり言わないんだろうけど。


811 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 19:34:56 ID:SXRW5kaB0
女流作家でオカルトやスピ系好きとしても有名な方が、事実より2週間遅らせた出生月日の数字を
公表している事例は知っている。彼女の場合、それを警戒してのはず。


812 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 19:38:59 ID:zQ8bxC0H0
松尾貴史が本で「芸能界にはオカルトを信じる人が多い」なんて書いてたから
他にもいっぱい居そう。

アイドルが生まれた年を3年くらい遅らせてるのもひょっとしてw


813 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 20:28:38 ID:s6oeulgk0
偽情報は色々便利だが、さらに優れた手段としては
自分の身近にいる人間のものを借用させていただくことなんかもいい。

さらにその借用している人間と血縁関係とかあれば最高だな


814 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 21:21:15 ID:8o3ZPeqx0
もともと宮号は本名を隠すためとかじゃないっけ?
本名とか生年月日とかは重要なんだろうな。


815 :中常侍 うんこ ◆knhfo7S6wc :2010/03/06(土) 21:34:07 ID:77dj03Y10
みや‐ごう【宮号】 
一家を立てた皇族に賜る家名。有栖川宮・常陸宮の類。


816 :本当にあった怖い名無し:2010/03/06(土) 21:42:24 ID:s6oeulgk0
名前も生年月日も顔も声もわからなければほぼ完璧だな
ただし社会的に存在していないも同然だけどな




910 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/01/03(月) 09:08:14 ID:REYru4gJP
今、NHKのBS2で、奈良時代の呪いの人形(ひとがた)を紹介してた。
当時は、呪いをかけていることがバレると死刑だったらしい。

人形は木で出来てて、
両目と心臓の部分に杭(爪楊枝っぽかった)が打たれてた。
911 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/01/03(月) 12:23:08 ID:yE89HqrW0
呪いなんてばれないと効果ないしな。
912 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/01/03(月) 20:34:15 ID:vvSZM/tF0
それは違うよ・・・
そういう側面もあるがそれは時代や場所によって変わるし
必ずしも正しいわけではない
913 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/01/03(月) 22:04:15 ID:yE89HqrW0
具体的にどういうことかちゃんと説明してくれよ。

なにが時代で違うって?場所でなにが変わる?
914 :本当にあった怖い名無し[sage]:2011/01/03(月) 22:10:31 ID:vvSZM/tF0
それは社会があること前提の発言じゃないかってこと
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニュー

カテゴリ別

その他の話題

旅行記

未整理記事

編集方針

このメニューが使いにくい方はこちら

管理人/副管理人のみ編集できます