Live Dwango Reader(旧livedoor Reader)についてのWikiです。

リファラによるアクセス制限がかけられている

ブログサービス事業者や、サーバー運営元のポリシーにより
  • 画像置き場として利用されることを防ぐため
  • 掲示板などへの画像の転用を禁止するため

アップロードした画像が自社サービス以外のURLから参照できないように制限をかけている場合があります。

これは一般に、ブラウザから送られるリファラ(referer)という情報を元に行われます。

クライアント型のRSSリーダーでは画像が見えるのにlivedoor Readerでは見えない

  • クライアント型のRSSリーダーでアクセスした場合、リファラが送られないため、アクセス制限を受けずにそのまま表示される。
  • livedoor Readerでアクセスした場合、ブラウザからのリファラが送られるため、reader.livedoor.com上に画像を転載されているように判別される → アクセスが制限される

といったことが考えられます。

相対パスで画像が指定されている

livedoor Readerでは、基本的に、フィードに含まれる画像のURLが「http://」から始まる絶対パスであることを前提としています。

  • 相対パスで画像のURLが指定されていた場合、画像が含まれる記事のURLを基準として、URLの解決を試みます。
    • ただし、複雑な相対URLの指定をした場合や、imgタグ以外で画像を貼り付けている場合などは、画像のURLを解決できない場合があります。(画像が表示されません)

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます

閉じる
サービス運営元変更のお知らせ
「livedoor Reader」は、2014年12月1日よりサービス運営元がLINE株式会社から株式会社ドワンゴへと変更になりました。それに伴いまして、サービス名称が「Live Dwango Reader」に変更となります。