Wiki内検索
アクセスカウンター
最近更新したページ
最新コメント
Mg by 柴崎
Mg by ポラリス
斑猫 by サザー
斑猫 by 斑猫
歌曲集 by ポイズンこと反町
メニューバーA
タグ
フリーエリア

名言集

50音順に並んでいます。さ行からな行は名言集2へ は行からわ行は名言集3


作品別名言集

アカギ

お前のお陰だ、感謝してるよそれ位は。だけどな、あれは俺の実力だ!お前に感謝する筋合いなんてねぇんだよ!大体な、お前は麻雀素人、弱いんだろ!だったら俺の方が偉いだろうが!これから俺は麻雀の神になるんだ!!:南原(一話)

アカギが来たお陰で南四局は勝利した南原が彼に言った台詞。感謝と怒りの念が混同している。

いいか麻雀っていうのはな、気合の勝負だ。役作りとかはどうでもいいんだ。とにかく、発声が立派だった奴がなんか結構勝つんだ:南原(一話)

麻雀素人であるアカギに対しての助言。スポーツのようである。

そうだな、ここは妥協しよう。俺は麻雀で天下を目指す事にしよう。レーサーはもうやめだ:アカギ(一話)

先週、峠でレースした事を回想していた時の台詞。雀荘に来る前はレーサーを目指していたらしい。

アカギ名言集をすべて表示する

アパッチ野球軍

何だこのアニメ:うp主(一話)

元動画のあまりのカオスっぷりにうp主が漏らした一言。

何だこれー!?:うp主(二話)

元動画のあまりのカオスっぷりに(ry

AYAKASHI

苺ましまろ

こんなに難しいとは思わなかったぜい!:美羽(一話)

登場人物たちが声の分け方に混乱しつづけた結果、最終的に美羽が堂々と宣言した。
しかしこれで吹っ切れたわけでもなく、この後もたびたび声の話題は出てくる。

お、犬だ、犬。おいしそうだ。:伸恵(第1話)

なかなか独特の感性を持った女子高生である。

サービスシーンでも見せてやるか。これを、これをネタに……フフン。フフフ、あはは、ああっはっはっは!:伸恵(一話)

ミリしら名物、サービスシーンでの過剰反応。
しかし「これをネタに」のあとは自重している。

まったく、私は、私はアメリカ人よ。あんたみたいな、あんたたちみたいな戦争で負けた……戦争で負けた下等種族とは違うのよっ♪ よろしくおねがいします。:アナ・コッポラ(二話)

アナ・コッポラに宿るアメリカ人の誇りを感じられる挨拶。
どうやらまだ日本語に慣れていなかったらしく、前半と後半で著しく口調が違う。

これで逃げるか!:伸恵(二話)

敵を作ったらしく、最後にこう宣言して終わりを迎えた。
ビートルズ公演前座のドリフターズを思い出させる台詞である。

Air(空気)

ブーンをしている金髪の少女:ナレーター(一話)

内藤のキャラが決まってしまった瞬間。EDによると2chネタは使いたくなかったらしい。

だって飛行機雲を見送ったのは「僕」ですお。あなたは「僕」って感じのキャラじゃないお。:内藤(二話)

突然、一人称が僕に変わった事をつっこまれた事に対し、なにやらメタな臭いがする返答。
「何の話だよ」と主人公にも返されてしまう。

グッジェイ!:古河峰(二話)

うp主いわく、グッジョブとジージェイが混ざった。

わいわーいがやがやー:子どもたち(各話)

子どもたちが騒いでいる様子。あまりの棒読みっぷりに弾幕が出来る。
うp主も気に入ったのかたびたび使われる。組曲の歌詞としても組みこまれた。

エアマスター

エクセルサーガ

でも私はもっと卑怯:エクセル(九話)

ボーリング対決で巨大ボールを使った相手に対して。このあとそのボールはエクセルの手によって爆破される。

ef

似合ってる訳ないでしょ!何その帽子!そのクソ帽子!本当に似合ってない死ぬほど似合ってない!:加藤紫(一話)

ポテチをむしゃりとされても怒らなかった加藤紫が、ルームメイトの帽子を見て逆上して言ったセリフ。おそらくすさまじく変な帽子だったのだろう。

今日も新年明けましてメリークリスマスでした:芳樹(一話)

教会に年に一度のメリークリスマスのお祈りにきた芳樹の台詞。

何とかと馬鹿は高いところが好きっていうけど:芳樹(一話)

教会の中の像の上にいる少女に対する芳樹の台詞。
伏せる方を間違えてしまい少女に驚かれていた。

なっ…凄い!おいちょっと今凄い柔らかかった!:芳樹(一話)

倒れた芳子を介抱しようとして頬を触った芳樹の台詞。
あまりのぷにぷに具合に電話で報告した。

君のデリケートな所を触らせてほしい:芳樹(一話)

芳子の頬のぷにぷにに感動した芳樹が芳樹に言った台詞。
あまりの直球発言に芳子は引いた。

ハーイ!!:芳樹?(一話)

10:27に起きた謎の叫び。
会話の流れ的に芳子の「踊ろう」に反応した芳樹の元気いっぱいの発言と思われるが…。

非現実的なまでにエロいそういう絵は俺は非常に好きだった:ナレーター(一話)

ED絵を見たナレーターの感想。

この母なる海のように君を………君を、濡らしてやろうか:浩二(二話)

美声で最悪なことを言う浩二。言った相手に思いっきり引かれていた。

FFFマーシー

ちょうちょー、ちょうちょちょうちょー:ちょうちょ(七話)

チョウチョは鳴かない!:ナレーター(七話)

当たり前のことに言ってから気付いたナレーター。

エルフェンリート

俺は俺の萌えがあるんだ。お前達の萌えを押し付けるんじゃない:吉田(二話)

新しい萌えについて語る警官達に対しての言葉。他人の価値観は尊重しよう。

狼と香辛料

おおきく振りかぶって

「おっぱい」と呼ぶがいいわ:おっぱい(一話)

よほど胸に自信があるのか、部員にこう言い放った。

お前みたいなかわいいやつとなら、俺は死ねる:ヒロシ(一話)

ピチオからの自殺の誘いを断った直後、こう言い直した。

お前……お前! こんなボール・・・いいじゃない!:ヒロシ(一話)

ピチオの投げた球を受けて、凄くいい笑顔でこう言った。

チース!:チース(一話)

畑仕事をしている人に突然挨拶した。彼のキャラ付けが決まった瞬間である。

俺にはある!!:ヒロシ(一話)

ピチオのそっちの気は無いという発言に対し、こう言い放った。

お前のためなら、俺は何でも出来る。何でも出来るんだ。:ヒロシ(一話)

ピチオに相当惚れ込んでいる様子である。

僕の肩はもうおしゃかになってしまった。:ピチオ(一話)

一試合に一球しか投げれない『スーパードクロデスボールMAXパワー』を使い、早くも故障してしまった。

・・・だそうだ! だからみんなで・・・今日俺たちは精一杯がんばった。それでいいじゃないか!:ヒロシ(一話)

ボールかストライクかの判定でもめていたとき、彼はストライクと言い切っていたが、ピチオがやっぱ入ってなかったといった瞬間、話題を変えた。

入ったとか、入ってないとか、先っちょだけとか:おっぱい(一話)

そんな事まで言っていない。部員が部員なら監督も監督である。

「おっぱい」って言うんじゃない! 殴るわよ! 私は殴る、笑顔で殴る!:おっぱい(一話)

言われたとおり「おっぱい」と呼んだピチオに対し、あまりに理不尽な仕打ち。

あなた達って本当に……ガチね。:おっぱい(二話)

ピチオをガチで庇護するヒロシ、それに照れちゃったピチオへ吐き捨てるように言った。

俺はピチオの嫁になるんだ!:ヒロシ(二話)

おっぱいに「そっちっぽい」と指摘されたことでついに公言。高らかに言い放った。

あなたを真人間に戻すわ。:おっぱい(二話)

「高校野球」だけでなく、「ガチと真人間」という新たなテーマが掲げられた瞬間である。

ふにふにだ!:ヒロシ(三話)

浮上する過去の曰く因縁に加え、ヒロシの突然の告白。戸惑い泣くピチオを尻目に、ピチオの手の感触に感激したヒロシの力強いつぶやきであった。

クソ審がぁぁぁぁぁぁ!!:ヒロシ(四話)

敵チームに買収され、ピチオの球に連続してボール判定を出す審判に対して怒りをあらわにした。

桜蘭高校ホスト部

野球中継のため、30分繰り上げていた:ナレーター(第七話)

繰り下げではない。見逃す視聴者が続出しそうである。

この夏で部長が一皮むけないと、一生あんたもう一皮むけない状態ですよ。そう、なんというか、言いませんけどね、なにとは。:双子山兄弟(第八話)

やたら「なにとは」を強調して言う双子山のセリフ。言われた部長は焦っていた。

下の飲み屋にでも行って一杯やるとしますかね:眼鏡山(第八話)

高校生の台詞とは思えない。

こんなビンビンになっちゃって:ハルヒ(第九話)

コーヒーに指をつっこみ火傷した部長の指を見たハルヒの台詞。勘違いしそうな表現である。

一枚、二枚、三枚…そして俺は二枚目:龍崎(第十六話)

龍崎渾身のギャグ。

実は俺お前のいとこになりたいんだよ:竹蔵(第十六話)

斬新すぎる告白である。

俺がツッコんでやろうか?:眼鏡山(第十七話)

なかなか眼鏡山にツッコミができないハルヒを見た眼鏡山の台詞。勘違いしそうな表現である。

こいつの命が惜しけりゃお前らを一人ずつ殺していく:なまはげ(第十七話)

意味が分からない。

空手山からおか……なんてかわいそうな名前なんだ。なあ眼鏡山よお:双子山兄弟(第十八話)

空手山の名前に対するコメント。お前らに言われたくないし眼鏡山にふる話でもない。

今の録画したかちゃんと俺の脳内の妄想を録画したか!?:龍崎(第十九話)

自分の妄想に興奮した龍崎部長の台詞。眼鏡山に「できるわけないでしょう」と一蹴された。

人を馬鹿にして楽しむよりよお、人を楽しませて楽しいことしようじゃねえか:龍崎(第二十話)

双子山兄弟に対しての説教。たまにはカッコいいことも言う。

美しい薔薇には棘がある。そう、美しい男にも棘がある。きっと俵崎兄貴にも何か棘があるはず。そして俺はその棘に刺され、心を奪われた:近藤武(第二十二話)

この男、顔に似合わず詩人である。

君の処分について、いろいろ案があります。1つ殺す、2つ死ぬ、3つ自殺。さあ、どれがいい?どれがいいですか?選びましょう。:眼鏡山(第二十三話)

ハルヒの裸を見てしまった近藤に対して、眼鏡山が言った台詞。
眼鏡を光らせ、半笑いで言うところがより恐怖を与えている。

近藤武、後ろから読めばしけたうどんこ:眼鏡山(第二十三話)

眼鏡山が気づいた衝撃の事実。

あなたが始めたホスト部でしょう!?だったら責任とりなさいよ!責任とって、責任とって最後まで楽しみなさいよ!:ハルヒ(第二十六話)

ホスト部を去ろうとする龍崎に対する台詞。いいシーンだがこの直後…。

この手を掴まれー!!ハルヒー!!:龍崎(第二十六話)

龍崎の熱い台詞。どんな状況で言ったかは本編を見てくれ。

おにいさまへ…

快感フレーズ

コインの表か裏かがどっちか出たら俺はバンドをやるぜ:リストバンドする男(その3)

裏表どっちかが出たらあいつらに乗ってやる:リストバンドする男(その3)

結局どっちなのか。

俺ピアノ弾けねえし、ドラムも叩けねえ:外はね男(その8)

ドラムス衝撃の告白。

カイジ

逆境なりたいっ!!:妻に逃げられたおっちゃん(1話)

黒服に「君も逆境になりたいんだろう?」と問われた時のセリフ。大金、そして逆境トーナメントを目の前に、相当高いボルテージであった事が伺える。

仲良くな!手をNIGINIGIしてな!:武田(2話)

「信用できるかよ…」というカイジの手を無理やり握りながらのセリフ。その後カイジの肩を掴み「いい男じゃのう、わし好み」と発言する所から、武田は序盤からカイジに相当惚れ込んでいたようである。

いいかい、ピザってのはね、僕の命の源なんだ:デブ(3話)

こんな時にピザを食いたいとは緊張感の無い奴だな、と呆れるよしおに対するセリフ。食べなきゃ死に至る程の重要な食糧らしく、その後よしおにもピザを食する事を促す。

才能が無いからこそ、お前は必死になれっ…!:カイジ(4話)

トイレで作戦会議をしている際の、デブに対するセリフ。ちなみにここでは「スペシャルカードを見つける」事においての才能を指す。

俺たち友達だろ?友達は助けあわにゃならんだろ!働け俺のために、この奴隷共が!!:カイジ(5話)

非協力的なよしおとデブに対するセリフ。カイジにとって友達は奴隷と同義。

この絶望的な状況だからこそ、そういう甘い言葉を信じてしまうんだ…正にこれは心理戦!:カイジ(6話)

武田の提案により場の流れが変わりつつある時のカイジのセリフ。たまに福本っぽい。

勇者だって人間だ!負けるのは怖えぇ…:カイジ(7話)

負けるのが怖くて勝負も挑めずに苦悩している際のセリフ。しかしその後「前に進まなきゃ結局死ぬ…だからこそ、後悔して死ぬより戦って死のうじゃないか!」という名言をも残している。

ハイ!僕が敢闘賞です。ありがとうございます:よしお(8話)

敢闘賞が発表されようとした時に、挙手をしながらのセリフ。敢闘賞は意外な事に自己申告型であった為、よしおは見事敢闘賞を受賞し20ポイントを手に入れる。

涙は男の香水だっ…!:カイジ(9話)

仲間に裏切られ、星の取り合いに醜態を晒す人達を見て幾度なく涙を流すカイジ。その清い涙は正に香水。

学園アリス

よお嬢ちゃんよぉ、入れてやろうか俺が:白髪(一話)

「学園の中に入れてやろうか」という意味の台詞。勘違いしそうな表現である。

バナナを入れてみない?:蛍(四話)

どこにだろう。

あなた拓也君のバナナも一緒に…なんかごちそう…なんかしてるんでしょいつも:蛍(四話)

ゆかりにはその意味は理解できなかったようだ。

学園七不思議

ここの学校、七不思議が百個位あるって噂よ:鼻子(一話)

いくら何でもありすぎである。しかし、ある意味この物語の根底を成す重要な台詞。

このスカーフ、只者ではないわね:黒崎(二話)

13階段の妖力からみずきを守ったスカーフに感嘆して発した言葉。だが1分後には只の手拭いになった。

食わざる者、死するべき:鼻子(三話)

「働かざる者、食うべからず」に続く台詞。学校で習う格言であるらしい。まとめると「働かざる者、死するべき」となる。

あんたもう、やめたら?学校…:みずき(四話)

成績発表での「私なんか450位よ。どうよ!?」という鼻子に対してのセリフ。

ロクな目に、遭った方が人生楽しめるじゃなぁ〜い?:鼻子(五話)

七不思議を意気揚々として語る鼻子のセリフ。しかし、ロクな目に遭うのはいつもみずきである。

ごつい顔をしていてはピアノも心を開いてくれない:鼻子(五話)

ピアノは顔で人を選ぶものらしい。

まったく、俗物どもが:幸子(六話)

談笑する同級生たちを一瞥し吐き捨てるように言った言葉。その冷ややかな表情が、台詞に圧倒的な迫力を加える。

ラブレターよ。恋の当選通知よ!:水野(八話)

靴箱の中のラブレターに歓喜した際の言葉。ちなみに「君は結構な人ですね」と書いてあった。

さぁ告りたまえ、僕を!さぁ、アディオス。:小野坂(八話)

度重なる花攻撃とキザな言葉でみずきが自分に惚れた事を確信し、告白を迫った。

滑稽、滑稽、烏骨鶏:黒崎(九話)

飼い主の勝手なエゴで服を着せられている犬を見て。シリアスな時も決してギャグ精神を忘れてはならない。

トリガーを…パオー!:黒崎(九話)

象ではない。スナイパーライフルの発砲音である。

焦げちゃった!あっちょちょちょ…ガソリン:みずき(十話)

焦げ付いたカレーに驚き投入したのは、何とガソリン。火に油どころではないし、そもそも食べ物でもない。それでも、みんな完食している。

あっパンツが!ちょっと今の…巻き戻したい:みずき(十話)

氏の切なる心の声である。

枝豆食って元気出しなさい:凶子の母(十一話)

石田酒店は貧乏であるため、晩御飯は枝豆のみである。

暑い夏はアイスを食うのが一番:黒崎(十一話)

かつて凡ミスをして自殺した生徒の墓前で固く誓った誓いの言葉。

どうでもいいわよ!ビリビリに破いてやるわ!ビリビリビリ:黒崎(十二話)

戦時中に亡くなった人の遺書を読んで。とにかく昔の人には全く興味がないようだ。

もっとマシな舞台をやるべきだと思うんですよね。ちゃんと台本を書いて:みずき(十二話)

驚いた事に、みずきらは台本なしのミリしら状態で舞台をやっていた。鼻子のアドリブにより題目は「ジェニファーとジュリエット」。

えっ何あれ。潮を吹いているわ、誰かが:鼻子(十三話)

そこでは潮吹き大会が行われていた。ゴクリ……い、いや間欠泉の事である。

♪世界が終わるまでは〜七不思議語ろう〜:エンディング(十三話)

嫌な終末である。

好きな人が出来たら、こうやって埋めてあげたいと思います:みずき(十四話)

愛し合う2人の話に感動して。さらっと恐すぎる発言である。

開けちゃらめ!:みずきの母(二十六話)

パンドラの箱を開こうとしたみずきに対する母親の台詞。

はぁ結婚したいわ〜。結婚したいわ〜私も。あぁいい男と結婚した〜い。結婚したぁい!:涙子(三十五話)

涙子の結婚願望は相当のものである。

玲子あなたは色んな男のアレを勃たせてるわね:みずき(三十九話)

発端はそばかすのキャラが立っていないという話だったのだが。

風魔の小次郎

貴方は私にお金をくれればそれでいいんです:白鳳望

斉藤財閥の御曹司に対する白鳳望の台詞。
某鈴木の彼女を彷彿とさせる。

まぁモスって感じの顔してるからね:マックでバイトしている女性徒

マックドナルドに必死に誘ったが白鳳望に「モス派なの。」と断られた時の台詞。
モスって顔してるならしょうがないわね。

そう…かざまの小次郎だよ?俺は:小次郎

白鳳望にフラれ、トルシエ子に殴られ踏んだり蹴ったり小次郎が主人公であることをアピールした台詞。
しかしその直後またトルシエ子に殴られることに。

まったく実写っていうのは以外に大変なものね。実写って大変:白鳳望

小次郎とトルシエ子の反応を見た白鳳望の台詞。

お前を殺してよろしい?:おっさん

駐車場でかざまの小次郎を待ち伏せしていた般若軍団の一人であるおっさんの台詞。

よろしかろうが:かざまの次郎

おっさんに対抗して「かざま流剣術でお前をぶっ潰してもよろしい?」と言ったかざまの小次郎に対するかざまの次郎の台詞。

サービスシーン。それは二次元だろうが三次元だろうが良いものは良い!:ナレーター

白鳳望のシャワーシーンの際に流れた素敵なナレーション。

かじ屋のばばぁ

鉄の力ァッーー!:ボス烏

鉄で出来たお釜の帽子で五兵衛の攻撃を防いだボス烏の台詞。
しかしこの後帽子を取られやられてしまう。

学校の怪談

お姉さんの眼鏡姿俺は見てみたい:ケンジ(七話)

見たくねえ眼鏡。あ、見たくなかったこれ:ケンジ(七話)

残念な結果に終った。

学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!

できちゃった小学生なのにできちゃった:島田由乃(三話)

逆上がりができた由乃の台詞。勘違いしそうな表現である。

どこにはめられるのかなあこれ。あれなのかなお姉ちゃんもいずれハメられるんだよねハハハうまいこと言った:妹(五話)

ジグソーパズルをしながらの台詞。姉は「はいはい」と軽く流した。

カッパの飼い方

こっからシャバに出るまで後1時間掛かるんだ:カッパ(一話)

自分を覗いていたカオスな男を気に入りその際に発した台詞。
「帰んないでね?」と何度も念を押した。

カッパがこの世にいるわけねぇだろうが!:カッパ(一話)

カッパの飼い方を読んでいるカオスな男を馬鹿にするカッパ。
どうやら自分が何者であるか理解していないようである。

Kanon

よし、いい万歳だ。:祐一(二話他)

Gunslinger Girl

俺は、俺はもう戻れない。戻れないのなら、行けるとこまで突っ走ってやんよぉ!やんよぉー!:ジャック・J・クロフォード(二話)

困ったおっさんである。

男の子でーす。じゃなくて、メイドですけどー:アキラ(三話)

ホテルの部屋をノックした時の台詞。
男の子なのに女性の恰好をさせられたことへの反発が声に出てしまったのであろう。

ちょっと拭きなさい。わきまえて拭きなさい。拭きまえ、拭きま、拭き、拭き拭きまえていなさいよ:ほたる(四話)

パロったらよくわからないことになったようである。

おかすぃーのよ、ベイベ!:ジャック・J・クロフォード(九話)

関口君に対しておかしいということを伝えたいようだが、ジャックの喋り方もそこはかとなくおかしい。
このベイベ、という口癖は………

カリアゲくん

ガンダム00

キリンは子供を産むときになんと2M以上の高さから打ち落とすのです。産み落とすのです!:議員(二話)

逆DVにあえぐ議員の訴えもむなしく場面は大統領官邸へ

私が捕食してくれるわ!むしゃりとめしゃり。メギャーン:大統領(二話)

キリンは鳥すらも捕食するという事例から、世界を牛耳る意気込みを放つがいかんせん音がまぬけだ。

みんなお疲れさまー。でも私はもっとお疲れ:スイーツとしこ(二話)

村八分をうけるスイーツとしこのスイーツたる所以がここでかいまみられる。

正解すると爆発します:ナレーター(二話)

正解すると爆発します。

いやー、いい景色だなあ。夜景がすごいキレイだ。:ナレーター(三話)

そこはまごうことなく空港でさらに昼だった。

わたしは決しておしっこを2L飲んでみせます!:やすし(三話)

やすしの中に何かが目覚めた瞬間であった。

たぁ〜のぉ〜しみぃ〜★:スイーツかなえ(三話)

首ちょんぱを心待ちにするかのような発言をするかなえ。
としこと違って前向きだがやはりそこはスイーツであった。

わしの嫁が燃えておる!萌え〜:モブ(三話)

猫息子の悪行により現実逃避せざるをえなくなった人々。

みんなみんな!みんなみんな、みんな〜。何も無いわよ。何よ、見ないでよ。:スイーツとしこ(三話)

さんざ注目を引いておいてこれである。

面白い話するから聞きなさいよ。えーとねぇ、この前居酒屋言ったときの話なんだけど:マリー(四話)

マリーが女を捨てたのはこの瞬間からであった。

そうだね↑そうだね↑そうだね↑そうだね↑:田中(四話)

新型のブラックノルマンディーを目前に言葉を失う田中。

Key the metal idol

紅茶が切れた。紅茶が切れました。おかわりを下さい。おかわりをくれるまで、僕はこの壇上の上からは、どきません:シルベスター・マグナムjr.(一話)

紅茶を欲するあまり議論の進行を妨げるマグナム博士。

早く。早くしなさい。早く。僕は喉がから、渇いて、死にそうであります。紅茶だ、早く!:シルベスター・マグナムjr.(一話)

よほど欲しかったらしい。

いやあ〜、さっきの紅茶は美味しかったよ。あのまま十杯ぐらい飲んだよ。ちょっとトイレに行きたい:シルベスター・マグナムjr.(一話)

いくらなんでも飲みすぎというものである。

うっひょっひょっひょ、幼女ゲットだZE〜☆ こりゃいいや:ジャスティス(一話)

ジャスティスがナーニをお持ち帰りする時の台詞。

セフセフ:ナーニ[シルヴァーナ-72](一話)

いつの間にか裸になっていたが、ロボットだからセーフ。

おぉ〜え〜あう、アーウトアウト、アウト、アウアウ、アウ。後で編集しよう。お、これは、見せられない、子供には:ナレーター(一話)

エロポスターはアウト。

このミリしらは全年齢向けよ。:蚕(二話)

画面的にも自重した。

好きよ、私。そう、いつまでも抱いていたい、この胸の中で。永遠は私と貴女のためにあるわ。そう、死んでも。生まれ変わっても。好きよ、ああ、この肌触り。もち肌具合。:蚕(二話)

蚕がナーニにプロポーズしたときの台詞。
彼女のナーニに対する肉体的な欲求が感じられる。

いい男はね、サイドミラーも使うんだ。そう、それがいい男の条件、その3。:ツムラ(二話)

自称いい男ツムラの人生哲学。その1、その2にも期待したい。
他にも蚕をピザ屋の先輩として敬うシーンもあり、向上心豊かな彼の性格が読み取れる。

ヒドイつんでれ。:ナーニ[シルヴァーナ-72](二話)

ツムラに「好き」と告白したはずなのに、即座に頬を叩いた蚕に対するナーニの感想。
ナーニは順調に人間社会を理解しつつあるようだ。

ウゥーッフゥ!:ホワイトスノー[シルヴァーナ-62ぐらい](二話)

やっとで見つけた萌え画像に喜ぶ白髪ロボ。すごい顔で喜んでいる。
しかし何故かその直後ビー玉を射出し、萌え画像を破壊した。
自分だけのものにしたかったのだろうか。

例の石油はどうした。石油じゃ。石油を掘れ。:シルベスター・マグナムjr.(二話)

やはり唐突に無茶な要求をするマグナム博士。地面を掘れば石油は出るらしい。
チーフプロデューサーの高木は「そう言われると出そうな気がする」と彼の迫力に飲まれていた。

いやあ〜。なでなで。なでなで、なでなでじゃあ〜。なでるのじゃあ〜。わしはこの髪をなでるのじゃあ〜。どうじゃあ〜:シルベスター・マグナムjr.(三話)

シルヴァーナ93号の髪を撫でるマグナム博士。93号には嫌がられていた。

駄目じゃあ。お前は、わしが、この少年の頭を撫でるのを、見ろ。ずっと見てろ:シルベスター・マグナムjr.(三話)

お暇しようとする白髪のロボに対して例によって無茶な要求をするマグナム博士。

いい男の条件その2はジャッキー・チェンの真似をすることぉおお……!:ツムラ(四話)

ビルの屋上から落下したツムラは、庇(ひさし)に引っかかってとりあえずの命を拾った。
その後に言った台詞がこれであり、ツムラの演出力の凄まじさが見て取れる。
しかしながら実際はナーニに助けてもらう形となってしまい「俺もいい男じゃねえ」と若干反省している。

あのダンボールを二人に投げるんです。そうすると早く死ぬ。:高山(四話)

ビルから落ちかけているナーニちゃんと津村を救うために躍起になっているイケメンに対して
タキシードを着た男、高山が提案したアイディア。
人命よりも事態の収拾を優先するという、高山の異常な合理的思考が垣間見れるシーン。

科学を無視するほど高性能なロボ。:ナーニ[シルヴァーナ-72](四話)

突如、ナーニが息を吹きかけるだけで対象物を爆破させるという荒業を発揮した。
何らかの力に覚醒したようにも見えるが、詳細は不明である。

ふふ、上手くいったわ。押してだめなら引いてみろってねー。:蚕(四話)

なんと、蚕のツムラに対する告白は、ナーニの想いをより自分に向けさせるための嘘だった。
その後も、ナーニがひとり一生懸命に蚕へ話し掛けるのを一時的にスルーしたりと、彼女はかなりの策士である。

おい、おい、萌え画像歩いてるぞ。おい。:ホワイトスノー(五話)

監視カメラのような物に映るナーニちゃんを見て、ホワイトスノーが発した一言。
ナーニちゃんという一つの個体を萌え画像として認識しているようだ。

ニーハオ。ニーハオ。僕ニーハオ!:厨川さくら(八話)

デートマネージャーとしての力量を不振がられた厨川が蚕達披露した中国語。ぺらぺらである。

そんなんじゃ男の子になれないよ!:佐伯瞳(九話)

次期アイドルを目指して特訓中の女の子を引っ叩いた後に佐伯が放った一言。

これがキーザメタル流純情ロマンチカ:ホワイトスノー(十二話)

萌え画像が見つからず禁断症状が出たホワイトスノーが何を思ったか突如足痛い太郎にキスをした。
その時の台詞。

いいぞナーニちゃん。君はたくさんの人を殺したね。これでもう誰も、君を愛してくれないね。はは、これで君は僕のものだ。そう、文字通り僕のモノだ君は:佐伯瞳(十三話)

佐伯の歪んだ愛情が覗える。

あなたはまるで駄々っ子を捏ねる子供のようね。:御劔礼子(十四話)

佐伯のナーニちゃんに対する想いを「一時の気の迷い」と吐き捨て続け様に放った台詞。
「駄々を捏ねる子供」を捏ねる(恐らくは手で)子供のような人であると佐伯を例えた。

フフン。この程度、グロくなーい。グロくはなーい:ホワイトスノー(十五話)

御劔礼子のグロ画像を見たホワイトスノーの台詞。どうやら慣れたらしい。

このアニメ一寸先は裸。いつ裸が襲ってくるかわからない:ジャスティス(十七話)

油断ならないアニメである。

あなたはロボットよ。でもその前にナーニちゃんだわ。私の大切なナーニちゃん:蚕(十九話)

自分は人と一緒にいてはいけないのだというナーニちゃんに対して。

愛しているわナーニちゃん。世界で誰よりも…あなたを、愛してる:蚕(十九話)

蚕の心からの言葉。

君が望む永遠

うおお!カレーが出てきた!カレーが出てきたぞぉい!:ナレータ(四話)

カレー少女がカレーの話をしていたらカレーが出てきた。
動揺と喜びを隠せず飛び出した言葉。

私、奪われちゃった・・・:カレー少女(七話)

元気を、である。

確かに客はGODだがそれは嘘で、本当は金がGODなんだよ:パイルバンカー井上(八話)

真理かもしれない。

熱があるじゃねえかお前!熱があるってことはつまり・・・俺と付き合ってくれ!:パイルバンカー井上(十話)

中里さんとトラウマ元気のどちらを選ぶか悩んでいたパイルバンカーだが、
熱があるという理由でトラウマに告白した。

私は馬鹿じゃないカレー!:カレー少女(十話)

キャリア・ウーマンといる時は語尾にカレーを付ける事になったカレー少女。
ちょっと可愛いが馬鹿っぽい。  

勝ったらカレーをご馳走してやる:パイルバンカー井上(十話)

カレーにつられたという下らない理由でカレー少女は真実の愛に目覚めたらしい。 

私に超音波をぶっかけて!:国崎(十話)

元々クレイジーな国崎が更に狂った。

男は黙ってパイルバンカー:テレフォン中島(十二話)

パイルバンカーこそ最強の兵器。

京四郎と永遠の空

貴方の為ならどこまでもぉ〜御供します…:ノーパン喫茶の女(二話)

傷を負った紫の君の前で自分の思いを告げる女。

ここに呼ばれて来たのは運命を感じたから:片目の男(二話)

突然病室に現れた男。
誰も呼んではいなかったが運命を感じたらしい。

何であいつらいつもディープなの。ディープでもあんな音しないわよ:クー(三話)

紫の君とノーパン喫茶の女のキスシーンに対するクーのコメント。
彼女には刺激が強すぎた。

お前は髪の色と同じで頭の中もピンクだな:紫の君(キャベツ)(四話)

いけない妄想をしたクーを優しくたしなめる紫。

俺が守るべきものは…、やっと見付けたんだッ!:紫の君(キャベツ)(四話)

過去を無かったことにして、クーを守ると誓った紫。
彼の熱い思いは誰にも止められない。

午前6時からこんな声出したくないですよ…:メガネっ娘(四話)

メガネ、魂の叫び。

銀色のオリンシス

あなたとは、合体したくないわ。あなたと合体するぐらいだったら、犬と、犬とヤるわ私は:タンキ(一話)

痴女のタンキでも合体相手は選ぶ。

お前次出会うときは法廷だぞ!:トランプをしていた男(一話)

トランプを邪魔したタケマルに対しての台詞。タケマル曰く「トランプ程度で裁判を起こすなよ」

金田一少年の事件簿

見た目ははじめ、金田一少年の事件簿!:金田一一(その3 1/3)

どこか別の推理アニメを思い出す台詞。だが意味がわからない。

あいつはもう別に言うことないです。頭スッカラカンの馬鹿ですよ:オーナー(その3 1/3)

長男、次男、そしてなんかバカ:オーナー(その3 1/3)

なぜか三男にたいしては他の2人に増して毒舌になるオーナーの台詞。
どうもこのオーナー、学のない人間が嫌いなようである。

おまえ裸エプロンでやれよ:金田一一

いやよバーカ死ね:七瀬美雪(その3 1/3)

一と美雪のやりとりは基本的にこういう風に進んでいく。

CLANNAD

黒の契約者

黒の契約者(リレーアフレコ)

いかRING!!俺いかRING!お前の行動におこRING!:増田(金髪ストレート)(1話)

語尾にRINGをつけるのが特徴の増田が、怒ったときに発してしまった台詞。本人もまずいと思ったのかすぐにおこRINGと言い方を変えている。

僕は結構、一人暮らしだが、長い事もあって料理が得意なんだ。なぁネコ:雄介(3話)

結構美味しそうな料理を自炊し、窓際にいた黒猫に振る雄介。

HEY BOY シネ!:外国のオタク(3話)

太った外人をオタクと呼んだ事で雄介は怒られてしまった。おばあさん曰く「オタク呼ばわりは禁句」とのこと。

ああそうか、こんばんは闇鍋だった。そう寮の皆で闇鍋をしようと…アパートの皆で。でも正直そのネコはたった一人の友達なんです、だから…まぁいいや。煮るなり焼くなり好きにして下さい!もうあなたなんて知らない!:雄介(3話)

黒猫を鍋の材料にするという事を何故か了承してしまった。

あれ?おかしいな…僕のタイムカード腐ってるのかな?:雄介(3話)

彼のタイムカードが機械に反応しない事により、変な疑問を抱いてしまった。

変な人だと思われて、それからどうするって?それから何?殺されるって言うの!?反逆罪で殺される!?だったら…だったら大人しくしろって言うの!?そんな事できるわけ無いでしょ!!何、この世界!この世界は……!この世界は…もう駄目になっている…:紀子(3話)

ニフティが支配する世界を憂いている彼女の悲痛な叫び。

君に涙は…似合わないぜぇ、ヘヘヘヘ☆君に涙は似合わないぜ、ヘヘッヘッヘヘ:雄介(3話)

紀子の涙を拭う雄介。しかし『キザな言葉を言おうとすると何か怪しくなる』という特技を持っていたせいで真面目なシーンが台無しとなった。

ちゃんとつけようねコンドーム。じゃないとかかるよコンジローム:シンドローム(5話)

うまいこと言ったシンドローム。

KOF

現代の驚異 デジタル

電卓とは何と恐ろしい兵器なのだろう:アインシュタイン

電卓の説明書をつけてほしい。こんなに難しい機械はこの世に存在しない:エジソン

電卓を扱うくらいなら量子力学を勉強したほうがよっぽどマシだ:エジソン

恐るべし、電卓。

恋風

僕はクマ:くま(一話)

喋んじゃねーよ:山田(一話)

僕はくまたいよう:くま(一話)

お前喋んなよ:山田(一話)

くまが喋ることを許さない山田。

まだ手は出してないですよ。将来的には…:山田(一話)

幸子の「女子高生に手を出すなんて隅に置けないわね」という発言に対して。将来的にはなんだというのか。

返事はイエスかはいだ:山田(一話)

一択。

鋼鉄ジーグ

このレースに俺は掛けてきたんだ!やってやるぜ…どこまでもどこまでも突っ走る!ゴールまでだけど!?:ハミル(一話)

バナナの皮でスリップし、更に車にはねられるハミル。しかし即座に復帰しレースを続行した時のセリフ。このレースに対する情熱が感じられる

今度こそゴールしました!:レースの実況(一話)

中々レースが終わらなかったので、一安心したと思われる実況

このまま世界征服とかそういった野望の…まぁ詳しくはお前たちにも話せないんだけどね〜:ジョヴォビッチ(一話)

ハニワ幻人の閣下が復活し、部下へ向けたセリフ。自分の部下にも話せない様な野望を抱いているらしい

どうしたんじゃ、どうたんじゃ、オッサン!教授(一話)

ビルドベースのセンサーが異常な電波を感知し、それに気付いた博士に言ったセリフ。しかし教授の方がずいぶん歳上である。

このままでは世界が大変な事になってしまう事に、私は今気付いた!世界で最初に気付いたんじゃ!!:グローバー博士(一話)

世界の危機に最初に気付いた事を主張する博士

どうすればいいかこれから考えるんだ!黙ってろお前は!!:グローバー博士(一話)

サンドラに危機に対する対抗手段を聞かれ、何故か怒る博士

ナイスミドルだと?ワシの方がナイスミドルじゃ!:グローバー博士(一話)

地底から現れたパトリックに対抗意識を燃やす博士

そうだ!この剣でお前の首をズババーンだぜぇ!:パトリック(一話)

よく研がれている剣で博士を斬ろうとするパトリックだがこの剣は使用されない)

オッサンばかりで声の変えようが無い…!:うp主(一話)

登場人物が今のところ年輩男性ばかりで、本音が出てしまったと思われる

なんてこった、うっかりしちゃった!:パトリック(一話)

博士を叩き過ぎてうっかり崖から落としてしまったパトリック

俺はな、レースで勝って非常にご機嫌なんだが…あの時のバナナの皮がトラウマになっちまってな…どうしても忘れる事が出来ねぇんだ…。ああ…ああもうこえぇ、バナナこえぇよ!:ハミル(一話)

祝勝会にて嘆くハミル。相当バナナが恐ろしくなった様だ

この…博士から貰った手袋が何だか知らねぇが、何だか知らねぇが……男が何かを託された以上、それに応えるしかねぇぜ!:ハミル(一話)

瀕死の博士から託された役目に応えようとするハミル。熱い男な事がよく分かる

家で看病されて寝てるはずじゃなかったのか?:ハミル これは録画だ:クローバー博士(一話)

コンピュータルームのモニターに表示される博士。録画なのに何故か会話ができる

ゴーストハント

僕の聖水をかけてあげるよこの僕の聖水をね。聖水、聖水:金パツ男(二話)

変な意味の聖水ではないと思いたい。

いやー俺消火器の扱いにかけては天下一品なんだよこの白いやつを噴射してやるぜ白いやつをよー:チャラ男(四話)

この俺の白いやつがぶちかましてやったぜヘヘヘ:チャラ男(四話)

勘違いしそうな表現である。

俺のために頑張るな。お前は、お前のために頑張ればいい:龍平(七話)

のぞみの「龍平のために頑張る」という旨の発言を受けての台詞。

まあ失業者の辿る道は、二つあります。再就職するか、そしてまたは、自殺するか。その二つに一つ。まさにDEAD OR ALIVE:龍平(八話)

世知辛すぎる世の中である。

コードギアス(蝉)

のどかな寒村に二人のガキが、ガキが崖を登っている:ナレーター(一話)

子供をナチュラルにガキと言い捨てる、あんまりなナレーション

コードぉ〜、ギアスぅ〜、う〜う〜:OP(一話)

「俺は歌が歌えない。今もかなり無理して歌ってる」と、かなり苦しそうに言う、うp主の努力の結晶。このあとOPは廃止されるが、六話のエンドレム追悼シーンにて再び登場する。

俺そういえば無免許だったんだ!:給食センター(?)の男(一話)

子供に給食を届けるために男は車を走らせていたが、急に態度が豹変。マサヒコ達を轢こうとして運転を誤り、建物に激突したときのセリフ。少し錯乱しているようである。

妹よ、最後に、おまえの作ってくれたアップルパイに、塩と砂糖を間違えていたと、言ってあげられなかったのが、俺の心残りなのだ。:給食センター(?)の男(一話)

酷い傷を負った男のセリフ。よほど不味かったのだろうか。

前回のあらすじぃ!!:ナレーター(二話以降)

二話以降、アバンタイトルで繰り広げられる前回のあらすじ宣言。たまにある「アバンタイトルの映像がそのまま本編になっている回」は前回のあらすじと言っておきながら撤回することがある。七話にて、初めて見切って撤回せずに済んだ。

脱皮した!:ナレーター(二話)

戦っているセミの胸の部分が飛び出したときにうp主が叫んだ言葉。以後、セミの中から何かが出る現象を「脱皮」という用語にしていまっている。脱皮が実際なんなのか知りたい人は、ギアスの本編を見てほしい。

火傷したときに、俺は醤油をかけてもらった。:武(二話)

傷口に塩をぬるような行為だが、武はこの行為のおかげで助かったと思っているらしく、恩を返そうと執拗にマサヒコに襲いかかる。

こんなことをしなくても、私はあなたの、虜だよ!虜だよ!!フンっ!!:マサヒコ(三話)

三話Aパートのラストシーン。首領が主従の誓いとして指きりをマサヒコにさせたときにマサヒコが言った言葉。やたら耳に残る発音と口調である。

おぉ〜っとぉ。うほっ。おぉ〜ほっ。これは、流石コードギアス!コードギアス、素晴らしい。色々素晴らしかった:ナレーター(三話)

マキのシャワーシーンに興奮する作者。

1+1かよ。馬鹿にすんなよお前、13だろ。13。どうだ、あたりだろ:武(六話)

学校に行ってないとかそういうレベルじゃない馬鹿さを露呈した武。

Googleとかで調べてたから、無駄にセミには詳しくなっていた:ナレーター(六話)

新登場「リュウキュウアブラゼミ」の命名シーン。作者の勉強熱心さが伝わる発言。

すごいなこのアニメ:ナレーター(六話)

きわどすぎるサービスシーンについ本音をもらしてしまったようである。このナレーター、この手のシーンには敏感に反応する傾向がある。

ワシの髪型をバカにした貴様を殺したろか!?死ねぇい、死ね、目からぁ!目からあぁぁ!!:シューマッハ(七話)

アバンタイトルにて。ハンターライセンス授与式の途中、突然キレたマサヒコに髪型をバカにされたシューマッハが怒り狂ったときのセリフ。後に、このときマサヒコはシューマッハのハンター能力「目からナイトメア」を受けていたことがわかる。

こはる日和

コボちゃん

コボちゃん・・・なんかうまいもんくれよ・・・こ・・ボちゃン・・・コぼチャん・・・:子供たち

なぜか死にそうな子供たち。乞食と化し、群がってくるその姿は戦慄モノである。

シュートでございます。眼鏡シュートでございます。中々上手くいきませんね…眼鏡を外すと見えやすいんですけど。僕は裸眼で2.0なんです:水の江くん

自宅の庭でシュート練習をするも上手くいかない少年。眼鏡を外せば良いのではと思うが、母親の「見た目だけ偏差値上がっても駄目」との台詞を聞く限り外見を良く見せようとしている様だ。

父の威厳の為にも練習しなくては。おっとぉ!あ痛て痛いッス痛いッス痛ッス!!チクショウ、何で人間って二足歩行なんだよ…:耕二

翌日のサッカー教室の為に練習する耕二。嘆く点が独特である。

現在閲覧できないミリしら

君が主で執事が僕で

2013年04月19日(金) 23:39:37 Modified by ID:/0Lb4A6ovA




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。