TBSラジオ(AM954kHz)毎週土曜日22:00〜24:30放送「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」非公式ファンサイト

アバター(あばたー)

概要

2009年12月26日放送ザ・シネマハスラー、サイの目映画。シネマ・ランキング2009では13位作品。
ジェームズ・キャメロン監督12年ぶりの新作となるSFアクション超大作。衛星パンドラに眠る資源を狙う人類と対立するパンドラの先住民ナヴィ族、両者の緊張状態が続く中、車椅子生活を送っていた主人公がナヴィ族の身体を手に入れ、ナヴィ族の中へと入り込んでいく。最新3D映像で描かれる衛星パンドラの景観は圧巻の一言。

参考作品

  • マイケル・ジャクソン THIS IS IT?』(2009)
  -一般客へIMAX 3D方式を知らしめた作品として
  • 『タイタニック』(1997)
  -ジェームズ・キャメロン監督代表作品として。『アバター』でのジェームズ・キャメロン監督過去作からのモザイク作品として
  • 『アビス』(1988)
  -映像的な技術革新で映画自体を革新していく方向で製作された作品として。『アバター』でのジェームズ・キャメロン監督過去作からのモザイク作品として
  • 『ターミネーター2』(1991)
  -映像的な技術革新で映画自体を革新していく方向で製作された作品として。『アバター』でのジェームズ・キャメロン監督過去作からのモザイク作品として
  • 『ポーラー・エクスプレス』』(2004)
  -ロバート・ゼメキス監督の映像的な技術革新で映画自体を革新していく方向で製作されたCG 3D作品として
  • 『ベオウルフ/呪われし勇者』(2007)
  -3Dの必然が感じられる先行作品として
  • くもりときどきミートボール?』(2009)
  -同時期の3D上映作品ながら2D上映でも成立する演出作品として
  • ボルト?』(2009) 
  -同時期の3D上映作品ながら2D上映でも成立する演出作品として   -同時期の3D上映作品ながら2D上映でも成立する演出作品として
  • ファイナル・デッドサーキット 3D?』(2009)
  -3Dによる飛び出してくる演出での完全アトラクション・ライド的作品として
  • 『ポカホンタス』1997)
  -類型的な酋長モノ物語作品として
  • 『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(1990)
  -類型的な酋長モノ物語作品として
  • 『ターザン』(-) 
  -類型的な酋長モノ物語作品として
  • 『ラストサムライ』(2003)
  -類型的な酋長モノ物語作品として
  • 『エイリアン2』(1986)
  -『アバター』でのジェームズ・キャメロン監督過去作からのモザイク作品として
  • 『第9地区』(2009)
  -人類と異星人を描いた作品として
-

参考資料

  • 劇場パンフレット『アバター』(2009)
  -3D上映の方式の説明が充実
  • サントラ『アバター』(2009)
  -エンディング曲というセンスの参考作品として。レオナ・ルイス「I See You(アバター・愛のテーマ)」収録。

関連語

  • マイケル・ジャクソン THIS IS IT? - 最新3D映画への言及作品として

関連Podcast

アバター

関連HP(外部リンク)

作品公式HP
上映館
レンタル


前の週『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEシネマハスラー2009年次の週『カールじいさんの空飛ぶ家
前の週『イングロリアス・バスターズ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Amazon



Twitterタマフルたまり場



Twitterタマフルたまり場ウェッサイ



編集にはIDが必要です