TBSラジオ(AM954kHz)毎週土曜日22:00〜24:30放送「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」非公式ファンサイト

スプライス(すぷらいす)

概要

2011年1月15日放送ザ・シネマハスラー、サイの目映画。
『キューブ』『NOTHING ナッシング』などで知られるヴィンチェンゾ・ナタリ監督のSFバイオ・サスペンス。遺伝子操作により新種の生命体を作り出した研究者カップル二人が見守る中で謎の生命体は急速に成長をしていく。主演の研究者を演じるのはエイドリアン・ブロディとサラ・ポーリー。

参考作品

  • 『キューブ』(1997)
  -ヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品として
  • 『カンパニー・マン』(2002)
  -ヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品として
  • 『NOTHING ナッシング』 (2003)
  -ヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品として
  • 『マドレーヌ界隈』(オムニバス作品『パリ、ジュテーム』に収録)(2006)
  -ヴィンチェンゾ・ナタリ監督作品として
  • 『フランケンシュタイン』(1931)
  -科学によって作られた新生物とその悲哀が描かれた作品として
  • 『フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965)
  -科学によって作られた新生物の子供時代の可愛さと気持ち悪さが描かれた作品として
  • 『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966)
  -科学によって作られた新生物の子供時代の可愛さと気持ち悪さが描かれた作品として
  • 『エンブリヨ』(1976)
  -人間が化け物を妊娠してしまう恐怖を描いた作品として
  • 『デモン・シード』(1977)
  -人間が化け物を妊娠してしまう恐怖を描いた作品として
  • 『エイリアン』(1979)
  -人間が化け物を妊娠してしまう恐怖を描いた作品として
  • 『ザ・フライ』(1986)
  -人間が化け物を妊娠してしまう恐怖を描いた作品として
  • 『スピーシーズ 種の起源』(1979)
  -モンスターとのセックスを描いた作品として
  • 『デューン/砂の惑星』(1984)
  -バイオテクノロジーで作られた生命体を描いた作品として
  • 『バッド・バイオロジー 狂った性器ども』(2008)
  -悪趣味な造形の生物を描いた作品として
  • 『ザ・ブルード/怒りのメタファー』(1979)
  -子供の化け物の不憫さを描いた作品として
  • 『エスター』(2009)
  -両親と娘三人の気まずい関係を描いた作品として

参考作品

  • 根本敬「タケオの世界」(『怪人無礼講ララバイ』に収録)(コミック 1990)
  -生まれたての新生物のグロテスクな造形と似ている作品として
  • 楳図かずお『赤んぼ少女』(コミック 1967)
  -少女が化粧して鏡を見るシーンのある作品として

関連Podcast

関連HP(外部リンク)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Amazon



Twitterタマフルたまり場



Twitterタマフルたまり場ウェッサイ



編集にはIDが必要です