TBSラジオ(AM954kHz)毎週土曜日22:00〜24:30放送「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」非公式ファンサイト

ヒックとドラゴン(ひっくとどらごん)

概要

2010年9月25日放送ザ・シネマハスラー、サイの目映画。
気弱なバイキングの少年ヒックと傷ついたドラゴン、トゥースとの間の出会いと友情を描いた3D CGアニメーション。監督は『リロ・アンド・スティッチ』のコンビ、ディーン・デュボアとクリス・サンダース。先日行われた第67回ベネチア国際映画祭において優れた3D映画に与えられるベネチア3Dアワードのグランプリを『アバター』とともに受賞。

参考作品

  • 『リロ・アンド・スティッチ』(2002)
  -ディーン・デュボアとクリス・サンダース監督作品として   -公開同時期の3D CGアニメーション作品として。2010年シネマハスラー作品。
  • シガー・ロス『HEIMA~故郷』(2007)
  -本作のディーン・デュボアが監督したシガー・ロスのドキュメント・フィルム作品として
  • 『ワイルド・ブラック/少年の黒い馬』(1979)
  -ディーン・デュボアとクリス・サンダース監督自身が言及している参考作品として
  • 『白い馬』(1953)
  -少年と動物の交流を描いた作品として
  • 『E.T.』(1982)
  -少年と動物(的生物)の交流を描いた作品として
  • 『アイアン・ジャイアント』(1999)
  -少年と動物(的ロボット)の交流を描いた作品として
  • 『風の谷のナウシカ』(1984)
  -少年(少女)と動物(王蟲)の交流を描いた作品として
  • 『ドラゴンハート』(1996)
  -近年のドラゴンが登場するファンタジー映画で監督自身が批判的な作品として
  • 『エラゴン 遺志を継ぐ者』(2006)
  -近年のドラゴンが登場するファンタジー映画で監督自身が批判的な作品として
  • レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで?』(2008)
  -本作で撮影アドバイザーをつとめたロジャー・ディーキンスの撮影作品として。2009年シネマハスラー作品。
  • 『ショーシャンクの空に』(1994)
  -本作で撮影アドバイザーをつとめたロジャー・ディーキンスの撮影作品として
  • 『ファーゴ』(1996)
  -本作で撮影アドバイザーをつとめたロジャー・ディーキンスの撮影作品として   -近年の3D映画の比較作品として。2009年シネマハスラー作品。
  • トロピック・サンダー 史上最低の作戦?』(2008)
  -ヒックの声優ジェイ・バルチェル出演作品として。2009年シネマハスラー作品。
  • 『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007)
  -スノットの声優ジョナ・ヒル出演作品として
  • 『新世紀エヴァンゲリオン』(1996)
  -アスティの役柄がアスカを連想させる作品として
  • 『300』(2007)
  -ジェラルド・バトラーの声優ジェラルド・バトラー出演作品として   -オープニングとエンディングのナレーションが対になっている構成の作品として。2010年シネマハスラー作品。
-

参考作品

  • ヨンシ「Sticks & Stones」(O.S.T.『ヒックとドラゴン』に収録)(CD 2010)
  -サントラ
  • 『CUT』2010年08月号(雑誌 2010)
  -クリス・サンダース×ディーン・デュボア監督のインタビュー掲載
  • Ariel Pink's Haunted Graffiti『Round and Round』(CD 2009)
  -人間と動物の関係を描いたジャケットの作品
-

関連語

フード理論 - ヒックとトゥースでの魚、肉の食事シーンでの演出論として

関連Podcast

関連HP(外部リンク)

作品公式HP
上映館
レンタル

前の週『トイレットシネマハスラー2010年次の週『悪人
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Amazon



Twitterタマフルたまり場



Twitterタマフルたまり場ウェッサイ



編集にはIDが必要です