TBSラジオ(AM954kHz)毎週土曜日22:00〜24:30放送「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」非公式ファンサイト

私の優しくない先輩(わたしのやさしくないせんぱい)

概要

2010年7月24日放送ザ・シネマハスラー、サイの目映画。
人気作家日日日の同名小説を実写映画化。ヒロインの女子高生が苦手な先輩が立てた計画により、憧れの先輩に告白しようと奮闘する様子をコミカルに描く。主演は川島海荷とお笑いコンビはんにゃの金田哲。監督は『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』などを手がけてきた山本寛。

参考作品

  • 『僕の彼女はサイボーグ』(2008)
  -ほつれが感じられるアイドル映画作品として。シネマハスラー2008年作品。
  • 『涼宮ハルヒの憂鬱』(2006)
  -山本寛が演出などを手がけたテレビアニメ作品として
  • 『アメリ』(2001)
  -恋に恋する夢見る女性が主人公の作品として
  • 『嫌われ松子の一生』(2006)
  -恋に恋する夢見る女性が主人公の作品として
  • 『時をかける少女』(1983)
  -キッチュなテイストの1980年代アイドル映画作品として
  • 『涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00』(2006)
  -山本寛演出による自主映画が作品のモチーフとなる作品として
  • 『MOMENT』(1981)
  -死期が迫った女の子のドタバタコメディ作品として   -主役のお笑いタレントの役柄の演出参考作品として
  • 『そろばんずく』(1986)
  -主役のお笑いタレントの役柄の演出参考作品として
  • 『少女隊PHOON クララ白書』(1985)
  -アイドルの身体性が感じられるシーンのある作品として
  • 『涼宮ハルヒの憂鬱 ライブアライブ』(2006)
  -山本寛演出による音楽演出におけるビート表現の優れた作品として
  • 『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(2008)
  -作家性の強いアニメ制作者の「何がリアルか?」問題意識の感じられる作品として。シネマハスラー2008年作品。
-

参考作品

  • Berryz工房『ギャグ100回分愛してください』(CD 2005)
  -『涼宮ハルヒの憂鬱』エンディング曲『ハレ晴レユカイ』の振付け元ネタ作品として
  • 涼宮ハルヒ、長門有希、朝比奈みくる『ハレ晴レユカイ』(CD 2006)
  -『涼宮ハルヒの憂鬱』エンディング曲
  • 押井守『勝つために戦え! 監督篇』(単行本 2010)
  -作家性の強いアニメ制作者自体がアイドルとして感じられる作品として

山本寛反論

2010年7月24日放送分の宇多丸の『私の優しくない先輩』評を聞いた本作監督山本寛が放送直後の同日自身の個人ブログにおいて「そんなにラッパーしてるのが後ろめたいのかな?」というタイトルの記事をポストし、宇多丸の『私の優しくない先輩』評に反論を投げかけた。その後2010年7月26日までに合計4件の反論記事を投稿している。

山本寛の自身の個人ブログ上での宇多丸の『私の優しくない先輩』評に対する発言*1

関連語

ほつれ - アイドルの魅力を語る際に引用される小西康陽氏の言葉

関連Podcast

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Amazon



Twitterタマフルたまり場



Twitterタマフルたまり場ウェッサイ



編集にはIDが必要です