TBSラジオ(AM954kHz)毎週土曜日22:00〜24:30放送「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」非公式ファンサイト

人生万歳!(じんせいばんざい)

概要

2011年1月1日放送ザ・シネマハスラー、サイの目映画。
名匠ウディ・アレン監督の通算40作目となるラブ・コメディ。ニュー・ヨークを舞台に落ちぶれた老人学者と若い娘の恋愛模様を軽妙なタッチで映し出す。偏屈で人間嫌いな元物理学者を演じるのは人気コメディアンのラリー・デヴィッド。その家に偶然転がり込んでくる天真爛漫な美女を『レスラー』のエヴァン・レイチェル・ウッドが演じる。

参考作品

  • 『泥棒野郎』(1969)
  -ウディ・アレン監督作品として
  • 『カメレオンマン』(1983)
  -ウディ・アレン監督作品として
  • 『どうしたの、タイガー・リリー?』(1966)
  -ウディ・アレン監督作品として
  • 『アニー・ホール』(1977)
  -ウディ・アレン監督作品として
  • 『マンハッタン』(1979)
  -ウディ・アレン監督作品として
  • 『ウディ・アレンの重罪と軽罪』(1989)
  -ウディ・アレン監督作品として
  • 『夫たち、妻たち』(1992)
  -ウディ・アレン監督作品として
  • 『マッチポイント』(2005)
  -ウディ・アレン監督作品として
  • 『それでも恋するバルセロナ』(2008)
  -ウディ・アレン監督作品として
  • 『時計じかけのオレンジ』(1972)
  -"ストリングス・セオリー"にからめてストリングス作品としての音楽のオリジナル作品として
  • 『黒い罠』(1958)
  -劇中に登場する作品として
  • 『マイ・フェア・レディ』(1964)
  -劇中で引用されるバーナード・ショーの戯曲『ピグマリオン』の映画化作品として
  • 『時計じかけのオレンジ』(1972)
  -"ストリングス・セオリー"にからめてストリングス作品としての音楽のオリジナル作品として
-

参考作品

  • 小林信彦「ウディ・アレン映画と映画館の住み分け」(コラム本『映画が目にしみる』に収録)(文庫本 2010)
  -ウディ・アレン映画と近年ウディ・アレン映画を上映し続けて、閉館が決まった恵比寿ガーデンシネマについて言及
  • 宇多丸「男を鍛える365本映画漬け!!」内コラム(雑誌『KING 2007年12月号』)(雑誌 2007)
  -ウディ・アレン監督『どうしたの、タイガー・リリー?』について言及
  • 宇多丸、前原猛、高橋芳朗、古川耕、郷原紀幸 共著『ブラスト公論―誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない』(2006年 単行本 シンコーミュージック)
  -ウディ・アレン作品に顕著な自意識問題を扱った資料として
  • ウディ・アレン『ウディ・アレンの映画術』(単行本 2010)
  -インタビュー集
  • O.S.T.『Whatever Works』(CD 2009)
  -サントラ
  • ベートーヴェン「交響曲第9番合唱第2楽章」(O.S.T.『時計じかけのオレンジ』収録)(CD 1972)
  -"ストリングス・セオリー"にからめてストリングス作品としての音楽のオリジナル作品として
  • バーナード ショー『ピグマリオン』(戯曲 1913)
  -劇中でセリフに引用される戯曲

関連Podcast

関連HP(外部リンク)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Amazon



Twitterタマフルたまり場



Twitterタマフルたまり場ウェッサイ



編集にはIDが必要です