Wiki内検索
サブメニュー

本騒動の現状



本騒動への反応まとめ


2chなどの反応まとめ
その他
最近更新したページ
最新コメント
大塚明夫 by シルミー
FrontPage by ≪潟若 篋堺
FrontPage by ≪潟若 2014
FrontPage by 若若若
事件発覚後の脱退者 by 通りすがり
枕営業 by 業界に近からず遠からず
日ナレ関連掲示板・その17 by 声優業界に近からず遠からず
FrontPage by age
タグ
フリーエリア

江崎加子男

  • 江崎加子男
    • 元マウスプロモーション会長、現株式会社アイムエンタープライズ代表取締役社長
    • アイム・エンタープライズの新社長 江崎加子男氏について

新入生を迎えてのゲスト講座

今学期初のゲスト講座は、アッと驚く業界人!
<江崎加子男先生>
と言われても殆どの人は判らないだろう。
誰あろう、この江崎加子男氏こそが、声優業界40年の歴史を支えてきた陰の人だ。
声優界の大手プロダクション<マウスプロモーション>会長。
声優業界に誕生した最初のマネージャーであり、最高のマネージメント・ビジネスを創り上げて来た人である。
<声優界でこの人に睨まれたら、仕事が来ない>と言われるくらい仕事熱心で業界の事情に精通 しており、良い作品のためには命をかける人。
代表の野沢那智も、この江崎氏にはどれだけ応援してもらったか判らないと漏らす。
自分の事務所のタレントを売ることだけがマネージャーの役割ではない。作品をクリエートする全スタッフのために、配役決定のための、あらゆる人材情報を提供する。それが氏の信条だ。

特に、外国映画の日本語版は、「1に翻訳、2にキャスティング」と言われるほど、配役次第で成功、不成功が決まる。
日本中の声優の能力を熟知していて、作品のための最高のキャスティングをし続けてきたのがこの人なのだ。
若手ディレクターなどは、キャスティングに困ったときには、常に江崎氏に助力を求める。

(中略)

いわゆる江崎加子男氏は業界の大重鎮である。その大御所をアーツビジョンに取締役として引き抜いた人物こそが 渦中の松田社長。つまり彼の加入はアーツビジョンの影響力の増大を象徴する出来事であった。松田社長が「業界のドン」と恐れられた端的な一例といえる。 彼の移籍によってマウスプロモーションは大混乱に陥り、著しくその影響力を落としたと言われている。 同じく新社長の元ぷろだくしょんバオバブ社長、町田泉氏も似たような経緯でアーツに移籍している。
2007年06月02日(土) 13:28:09 Modified by ID:cjvZYr6Waw




スマートフォン版で見る