竜について

 この話の地球では、昭和16年12月にドラゴンが何でか五匹償還されちゃう所から話がはじまります。
 ドラゴンの強さは(ソードワールドのドラゴン以上、F.S.S.のドラゴン以下)というアバウトな設定予定です。
 とりあえず、核直撃には耐えられないと。その後話によって強くしたり弱くしたりです。
 で、ドラゴン達の償還位置です。

 日本      (東洋の)竜イメージ (撫子)
 ハワイ     ドラゴン(西洋の)イメージ
 マリアナ海溝  (東洋の)竜イメージ
 アイスランド  (東洋の)竜イメージ
 欧州シチリア  ドラゴン(西洋の)イメージ

 この後、どんどん5匹のドラゴン達を通じF世界からF世界な物や者達が流入してゆきます。
 そして、それらの流入によって第二次大戦は混沌の坩堝に落ちてゆく予定です。

龍脈について
 彼女達竜は龍脈と呼ばれる火山から星の力そのものを魔力に変える事ができます。
 火山は龍脈の噴出し口なので、一つの火山というより日本の龍脈群との契約の方が分かりやすいですね。
 ちなみに、龍脈契約により日本の地質変化を撫子はコントロールする事ができます。
 だから、東南海地震や昭和南海地震はこれを回避させる予定です。
 けど、龍脈に直接かかる地質変更への力の行使の結果、感情にしわ寄せ(ぶっちゃけさかる)が行くので苦労するのは博之なわけで……(笑)


 区別の為、最初に召還されたドラゴンを「龍」、その眷属を「竜」とします。
 はい。まだまだ眷属の竜が出てくるので…(笑)

 では、龍の初期性格設定公開です。

 日本     素直クール
 ハワイ    ジャイアニズムツンデレ
 シチリア   あーぱー猫娘(○ルクェイド)
 アイスランド IHK(アイスランド・ヒキコモリ・キョウカイ)
 マリアナ   天然ボケ(17歳と182万と5千日)

おおまかな龍の役割はこんな感じです。
 日本     大地と生態系維持管理
 マリアナ   海洋(特に海流)操作と海中生態系維持管理
 アイスランド 大気循環操作および気流管理
 ハワイ    攻撃能力を持つ、防御抗体
 シチリア   上四匹のサポートとバックアップ。
        生物の進化操作。ゆえに五匹の中でもっとも頭がいい。
2007年03月24日(土) 19:03:33 Modified by nadesikononakanohito




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。