Triplex Systemsの開発メモです。開発の手順・開発に関するTipsをまとめます。

NetBeansを選んだ理由

  • Aptanaに乗り換えて数週間後、Aptana PHPの開発中止を宣言
  • よし、PDTに戻るお
  • でも、PDT 2.1は、動作がとっても遅いお
  • 2.1から2.2のバージョンアップに1年以上かかるって、それ時間かk(略
  • PDTを見切って、他のIDEに乗り換えるお
  • NetBeansがPHPに対応して、良さそうだお

NetBeansのダウンロード

  • http://ja.netbeans.org/ からダウンロード
  • ダウンロードボタンが目立つところにあるから迷わないはず
  • いろいろなバージョンがあるけど、見栄張らずにPHP版でいいんじゃね?

NetBeansのインストール

  • 指示通りに進んでいくとOK

NetBeansでSFTP連携

  • IDE上で変更がある度にSFTPでファイルをアップしてくれる便利機能
  • プロジェクトのプロパティ画面を開く
  • 「実行構成」カテゴリを開く
  • 「リモート接続」の右の「管理」ボタンをクリック
  • 「接続名」に好きな名前を、「接続型」にSFTPを選択
  • WinSCPとかの要領で必要事項を埋めていく
  • 「既知のホストファイル」に、適当な空のファイルを指定←これ重要
  • 「初期ディレクトリ」は、接続先サーバに色々なアプリを設置するディレクトリ
    • (例えば、/home/webmaster/programs)とか。
  • 「了解」ボタンで、接続の作成が完了
  • 「アップロードディレクトリ」に、このアプリを設置するディレクトリ
  • 「ファイルのアップロード」に、保存時を選択すると嬉しいかも

NetBeansでSFTP連携する時に指定する秘密鍵

  • puttyやWinSCPで使っていた秘密鍵は使えない
  • puttygen.exeを起動
  • [File]-[Load private key]から今まで使っていた秘密鍵を開く
  • [Conversions]-[Export OpenSSH key]からOpenSSH形式で保存
  • 保存した鍵を使うと、NetBeansで鍵を使った接続が可能に

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます