おすすめ書籍




TRIZ(Mi-TRIZにて所有している書籍)

『図解TRIZ―革新的技術開発の技法』(三菱総研、1999)
(図解を豊富に使っていて、独学の初心者にとってもわかりやすい。)


『TRIZ実践と効用 体系的技術革新』(ダレル・マン、2002/監訳 中川 徹、2004)(Darrell Mann、2004)
(しっかりTRIZを学びたい方に、充実した内容・構成の本。薄めの初心者向けの本を終わったら、本格的な学習のために、手に入れたい本。和本でEffects(科学技術の機能効能の逆引き辞典)を掲載している数少ない本。)

『TRIZ 実践と効用 (2)新版矛盾マトリックス (Matrix 2003)』(ダレル・マン、2003/訳 中川徹、2005)
(40の発明原理を適用する矛盾マトリックスはその多くがアルトシュラー世代のもの。よく見るとマトリックスには空欄がある。その後の発展により、全てのマトリックスが埋まった。その内容が紹介されている貴重な本)


 ※上記2冊の入手はamazonではなく、(株)創造開発イニシアチブ殿からの購入


『VEとTRIZ―革新的なテクノロジーマネジメント手法入門』(沢口学、2002)
(価値工学(VE)とともに論じられている。TRIZについてエッセンス的な言及がなされている。)


『TRIZの理論とその展開―システマティック・イノベーション』(産業能率大学CPM TRIZ研究会、2003)
(すっきりとまとまっている。構成も読みやすく本としてのデザインも良い)


『ものづくり技術アドバンスト 図解これで使えるTRIZ/USIT』(粕谷茂、2006)

(TRIZの図解事例として近年のものが多く反映されている。知識としての使いやすさにも優れている。)




TRIZ(宮城県図書館にて借りることが出来る書籍)


『TRIZ入門―思考の法則性を使ったモノづくりの考え方』(ビクター・R. フェイ、1997)
2009年09月01日(火) 11:50:45 Modified by triz




スマートフォン版で見る