呟き尾形の個人的な資料です。

ケアマネ
他法との給付調整
 利用者に意思能力が乏しく、本人を代理する家族がいないなどやむを得ない事由がある場合は、例外的に老人福祉法に基づき措置による福祉サービスの提供が行われる

労働災害補償保険の給付が介護保険の給付と重なる場合は、労働者災害補償保険の給付が優先する

成果いつ保護の給付が皆保険んオ給付と重なる場合は、介護保険が優先する。

 

 ズ匈科篏関係各法との調整
 下表の法令により介護保険の給付に相当する給付が受けられるときは、下表の法令による給付が優先します。
労働災害に対する補償(療養補償、介護補償など)の給付を行う法律
・労働者災害補償保険法
・船員保険法
・労働基準法 など公務災害に対する補償(療養補償、介護補償など)の給付を行う法律・国家公務員災害補償法
・地方公務員災害補償法
・警察官の職務に協力援助した者の災害給付に関する法律 など国家補償的な給付(療養の給付など)を行う法律</td><td>・戦傷病者特別援護法
・原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律 など
 これら以外でも、国・地方公共団体の負担で介護保険の給付に相当する給付が受けられるときは、国・地方公共団体の負担による給付が優先します。

◆ハ型擁〇稻,料蔀屬箸猟汗
 介護保険の給付(契約に基づくサービス利用)が優先します。
 ただし、やむを得ない事由(家族による虐待などのために、介護保険での契約に基づくサービス利用ができないなど)がある場合は、例外的に、老人福祉法の措置によってサービスが提供されます。

.医療保険との調整
 重複するサービスについては、介護保険の給付が優先します。
 ただし、歯科治療や介護保険施設の入所者に対する急性期治療など、一定の医療については医療保険から給付されます。
手術など急性期治療、人工透析など複雑な医療行為については、医療保険から給付をうける。

;ぁダ験菠欷遒箸猟汗
 生活保護法の「他法優先の原則」(保護の補足性)により、介護保険の給付が優先します。
 そのうえで、利用者負担の部分は生活保護の介護扶助から給付され、第1号被保険者の保険料は生活保護の生活扶助から給付されます。

ァゾ祿下堊躪膸抉臻,亮立支援給付との調整
 重複するサービスについては、介護保険の給付が優先します。
 もちろん、重複しない障害者施策固有のサービスは、障害者総合支援法その他の障害者福祉制度から給付されます。

Αナ欷瑛ダ茲慮費負担医療との調整
 重複するサービスについては、介護保険の給付が優先します。
 そのうえで、利用者負担の部分について、公費から給付されます。





過去問テキスト 

過去問  r4 3
でるケアマネ200
添削課題
学びオンライン
ケアマネ一問一答

テキスト 高齢者支援論 供。36
医療行為の定義
 ひとつの行為を行うにあたり、医師の医学的判断や技術をもってしなければ人体に危害を与えるもしくは、与える可能性のある行為を反復継続する意思をもって行う事

介護保険の特定疾病一覧
国の基本指針
 介護保険事業計画は国の基本指針に沿って立案される

_雜逎機璽咼垢梁寮確保、地域支援事業の基本的事項
∋堋村が市町村介護保険事業計画内の「サービス種類ごとの見込み量」を定めるにあたって、参酌すべき事項、および市町村介護保険事業計画・都道府県介護保険事業支援計画の作成に関する事項
2雜酳欷欝詆佞留潦蠅兵損
国(厚生労働大臣)は、基本指針について策定や変更する際には総務大臣等と協議することになっています。




都道府県介護保険事業支援計画
期間 国の基本指針に即して3年を1期とする

定める義務
”要利用定員総数
 ・地域密着型特定施設入居者生活介護
 ・地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護
介護専用型特定施設入居者生活介護・地域密着型特定

・介護保険施設
・介護専用型特定施設入居者生活介護

介護給付等対象サービスの量の見込み
 *市町村はサービス種類ごとの見込み

市町村による自立支援等施策を支援する際の、施策内容とその目標
 費用の適正化に関する取り組みへの支援に関し、都道府県が取り組むべき、死せ悪に関する事項

定める努力
施設生活環境の改善
施設間の連携
介護サービス情報の公表
総合事業に関して、市町村間の連絡調整
介護支援専門員の業務効率化、質の向上
有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅の入居定員総数

計画の提出先 厚生労働省

介護保険事業計画において、都道府県が定める、特に施設設備と人材確保などの広域的な調整を必要とすることについての計画をいいます。都道府県老人保健福祉計画や医療計画と調和のとれたものである必要があります。主な内容は下記の通り。(1)都道府県が定める圏域における各年度の介護保険施設の種類ごとの必要入所定員総数、その他の対象となる介護サービスの量の見込み (2)介護保険施設などの施設整備に関する事項 (3)人材確保または資質の向上に資する事業に関する事項 (4)介護保険施設相互間の連携の確保に関する事業 など


市町村介護保険事業支援計画
期間 国の基本指針に即して3年を1期とする
定める義務
認知症対応型共同生活介護・地域密着型特定施設入居者生活介護・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活かごの必要背利用定員総数など介護給付対象者サービス種類ごと量の見込み
各年度の、地域支援事業の量の見込み
被保険者の地域における自立した日常生活支援、要介護状態等となることの予防、要介護状態等の軽減や悪化の防止、介護給付等に要する費用の適正化に関し、市町村が取り組むべき施策(自立支援等施策)に関する事項
”要利用定員総数
 ・地域密着型特定施設入居者生活介護
 ・地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護

認知症対応型共同生活介護

介護給付等対象サービスの量の見込み
 *市町村はサービス種類ごとの見込み

自立支援等施策に関する事項とその目標

っ楼荵抉膸業の量の見込み

定める努力
市町村介護保険事業計画に定めるよう努める事項
定めるべき事項の見込み量確保のための方策
各年度の地域支援事業にかかる費用の額、および見込み量確保のための方策
介護給付等の額、地域支援事業の量、地域支援事業に要する費用の額及び保険料の水準に関する中長期的な推計
介護保険支援専門員なぢ介護給付等対象サービスの従事者および地域支援事項のっ従事者の質の向上に関する都道府県との連携した取り組みに関する事項
指定居宅サービス事業者、指定地域眠着型サービス事業者、指定居宅介護従事者等の連携確保に関する事項など介護給付多少サービスるの円滑な提供を図るための事業に関する事項
指定介護予防サービス事業者、指定地域密着型介護予防サービスる事業者、指定介護予防支援事業者間の連携確保に関する事業なぢ、予防給付対象サービスの円滑な提供お曜日地域支援事業の円滑な実施をはかるための事業に関する事業
認知症である被保険者の地域における自立した日常生活に関する事項、教育、地域づくり、雇用に関Sる事項、その他の認知症に関しる施策の総合的な推進に関する事項
市町村が定める地域ごとの有料老人ホームおよび、サービス付き高齢者向け住宅のそれぞれの入居定員総数(特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、介護予防特定施設入居者生活介護の指定を受けていないものに限る)
地域支援事業と高齢者保健事業およびっ区民健康保険保険事業の一体的な実施に関する事項、居宅要介護者イ及び要支援者にかかる医療そのほかの医療と連携に関する事項、高齢者の居住にかかるしさぃとの連携に関する事項、そのほかの被保険者の地域における自立した日常生活支援のため必要な事項

医療との連携
事業者間の連携
高齢者の居住にかかる施策との連携
認知症に関する施策
有料老人ホーム・サービス付き高齢者住宅の入居定員総数

計画の提出先 都道府県





地域支援事業
地域支援事業は、高齢者が要介護状態になることを予防するとともに、要介護状態となった場合においても、住み慣れた地域で日常生活を送れるよう支援するための仕組み

1.支払基金ってなにをしているの?
1.保険医療機関(薬局)からの診療に係る医療費の請求が正しいか審査したうえで、健康保険組合(保険者)などへ請求し、健康保険組合から支払われた医療費を保険医療機関へ支払いをする仕事をしています。


居宅療養管理指導
通院が困難な要介護者の居宅に医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士などが訪問し、療養上の管理・指導を行うサービス

医療行為ではないと考えられる行為
 原則として医療行為ではないと考えられる行為
 ‖硫溝定 
 ⊆洞穴月による血圧測定
 F院治療の必要のないものに対するパルスオキシメーター装置(SPO2)
 し敞な切り傷、擦り傷、やけどなどについて専門的な判断や技術を必要としない処置
 グ貭蠑魴鏖爾任琉焚爾琉緻品の使用介助
  〇軟膏の塗布(褥瘡の処置を除く)
  〇湿布の貼付
  〇点眼薬の点眼
  〇一包化された内服用薬の内服
  〇座薬の挿入
  〇鼻孔粘膜への薬剤噴霧介助

規制の対象とする必要がないと考えられる行為
爪の手入れ(専門的管理が必要ない場合)
葉や高粘膜、下に付着している汚れの除去
耳垢塞栓を除く耳垢除去
ストマ装具のパウチ排泄物を捨てる
自己導尿補助のための糧テール準備、体位保持
ディスポーザルグリセリン浣腸機による浣腸




 


テキスト 高齢者支援論 供。35 
」」

頭蓋内圧亢進の看護

パーキンソン
肺炎前兆
老年症候群
廃用症候群

インテーク面接
インテーク面接とは、カウンセリングで行う「初回面接」のこと

アセスメントについて

居宅減算


要介護認定等基準時間とは?要介護状態区分との関係は?
https://tanoshii-kaigo.com/gg0661/?msclkid=be3d6b6...
<要介護認定等基準時間の5項目>

直接的生活介助(入浴・排泄・食事などの介護)
関節生活介助(洗濯、掃除などの家事にかかわる介助)
問題行動関連行為(徘徊などによる探索、問題ごとの後始末にかかる行為)
機能訓練関連行為(歩行、日常生活の訓練など)
医療関連行為(輸液の管理等の診療補助)

要支援1:要介護認定等基準時間が 25分以上32分未満
要支援2:要介護認定等基準時間が、32分以上50分未満
要介護1:要介護認定等基準時間が、32分以上50分未満
要介護2:要介護認定等機運時間が、50分以上70分未満
要介護3:要介護認定等基準時間が、70分以上90分未満
要介護4:要介護認定等機運時間が、90分以上110分未満
要介護5:要介護認定等基準時間が、110分以上

介護認定調査会 厚生労働省 PDF
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300...

介護認定審査会とは?介護認定審査会の役割や構成まで幅広く解説!
https://www.mcsg.co.jp/kentatsu/kaigo/7599?msclkid...

介護認定調査会

介護保険指定事業者

ケアマネはどんな時もサービス提供を断ることが出来ない?

取り消し

償還払い
「償還払い」とは利用者が一時的に費用の全額を立て替えてお支払いいただいて、申請により後で自治体に必要な手続きを経て、一部について規定の額を払い戻しをされる仕組み

-------------------
共生型サービス
○ 共生型サービスは、
 ・ 介護保険サービス事業所が、障害福祉サービスを提供しやすくする
 ・ 障害福祉サービス事業所が、介護保険サービスを提供しやすくする
 ことを目的とした指定手続きの特例として、平成30年に設けられた制度です。 

○ この特例を活用し、同一事業所において、介護保険サービスと障害福祉サービスの両方を
 提供することで、
 ・ 障害者が65歳以上になっても、同一事業所を継続利用できるようになる。
 ・ 高齢者・障害児者とも、利用できる事業所の選択肢が増える。
 ・ 「介護」や「障害」といった枠組みにとらわれず、多様化・複雑化している福祉ニーズに
  臨機応変に対応することができる。
 ・ 地域共生社会を推進するためのきっかけとなる。
 ・ 人口減少社会にあっても、地域の実情に応じたサービス提供体制整備や人材確保を行う
  ことができる。
 といったように、各地域で発生している課題の解決や掲げている目標の達成の一助となること
 が期待されています。


-------------------- グラスゴー・コーマ・スケイル(Glasgow Coma Scale、GCS)は、脳の損傷や意識障害の程度を評価するためのスコアリングシステムの一つです。主に救急現場やICU(集中治療室)で使用され、患者の神経学的状態を客観的に評価することができます。

GCSは、視覚反応、聴覚反応、運動反応の3つの評価項目に基づいて、最大15点満点でスコアが算出されます。それぞれの項目には、最高得点があり、それぞれ以下のように評価されます。

視覚反応:目を開けることによって評価され、最高得点は4点。目を開けない場合は1点となります。
聴覚反応:呼びかけによる反応を評価し、最高得点は5点。反応がない場合は1点となります。
運動反応:四肢の運動反応を評価し、最高得点は6点。反応がない場合は1点となります。
GCSのスコアは、意識レベルを表す数字として、3〜15の範囲で表されます。スコアが低いほど、意識障害の程度が深くなります。意識障害の程度に応じて、適切な治療やケアを行うことが重要です。

ジャパン・コーマ・スケイル(Japan Coma Scale、JCS)は、意識障害の程度を評価するためのスコアリングシステムの一つであり、日本で開発されたものです。Glasgow Coma Scale(GCS)と同様に、救急現場やICU(集中治療室)で使用され、患者の神経学的状態を客観的に評価することができます。

JCSは、眼の開閉、音声反応、運動反応の3つの項目に基づいて、最大3点満点でスコアが算出されます。それぞれの項目には、最高得点があり、それぞれ以下のように評価されます。

眼の開閉:目が自発的に開いている場合は0点、開けない場合は1点となります。
音声反応:患者が呼びかけに応じて言葉で返答する場合は0点、返答がない場合は1点となります。
運動反応:四肢の運動反応を評価し、最高得点は1点です。反応がない場合は1点となります。
JCSのスコアは、意識レベルを表す数字として、0〜3の範囲で表されます。スコアが低いほど、意識障害の程度が深くなります。JCSは、GCSよりも簡易的な評価方法であるため、救急現場などで素早く意識レベルを評価する際に使用されることがあります。

--- 摂食嚥下プロセスとは、食物を口から飲み込むための過程を指します。主に4つの段階からなります。

口腔期:食物を口に入れ、咀嚼して口腔内で小さくし、唾液によって湿らせる過程。
咽頭期:食物を喉頭まで移動させ、喉頭にある喉頭蓋を閉じ、気道と食道を分離する過程。
食道期:咽頭から食道に食物を送り、蠕動運動によって胃に向かって進める過程。
胃期:食道から胃に入った食物を胃液と混ぜ、胃壁の筋肉によってかき混ぜられ、消化吸収に必要な状態にする過程。
摂食嚥下プロセスは、生命維持に欠かせない重要なプロセスですが、加齢や疾患などの影響で摂食嚥下機能が低下する「嚥下障害」が起こることがあります。

摂食嚥下プロセス障害は、食事を嚥下する際に生じる問題を指します。一般的には、「嚥下障害」とも呼ばれます。この障害は、口腔内、咽頭、食道、胃などの消化器官の機能障害が原因で起こることがあります。摂食嚥下プロセス障害には、飲み込む力が弱くなる、飲み込むときに苦痛を感じる、喉に詰まりやすいなどの症状があります。この障害は、高齢者や脳卒中、パーキンソン病、ALS、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経系の疾患が原因で発生することが多いですが、子どもの場合には発育不良や先天性の異常が原因で発生することがあります。治療には、リハビリテーションや栄養療法、手術などがあります。

摂食嚥下プロセスの第一期障害は、食物を口に含んで咀嚼する段階での問題を指します。この段階で問題が起きると、食べ物をうまく咀嚼できずに飲み込めなくなる可能性があります。第一期障害には、口を開けることが難しい、咀嚼力が弱くなっている、唾液の分泌が不十分であるなどの症状が含まれます。これらの症状は、高齢者や脳卒中などの神経疾患の患者、口腔内の問題を抱える人、歯や歯肉の問題を抱える人などに見られます。

摂食嚥下プロセスの第二期障害は、嚥下反射の低下や嚥下力の低下などによって、食べ物や飲み物の通過が不十分になる状態を指します。この状態では、食べ物や飲み物がのどに詰まりやすく、肺炎や窒息のリスクが高まります。また、食べ物や飲み物が胃に到達するまでに時間がかかるため、食事の時間が長くなったり、食べ物が口の中に残ってしまったりすることがあります。第二期障害は、高齢者や神経疾患、筋肉疾患、口腔内の問題などが原因となって発生することが多く、早期の対応が必要とされています。

摂食嚥下プロセスの第三期障害とは、摂食嚥下障害の最も深刻な段階で、食べ物を口に入れることや飲み込むことができなくなり、栄養不足や脱水症状、体重減少、誤嚥性肺炎などの合併症が発生する状態を指します。これは、口腔や咽頭、食道などの機能が損傷した結果、摂食嚥下機能の回復が困難になったり、不可能になったりすることが原因となります。第三期障害は、治療が難しく、管理の必要な高度な医療・栄養管理が必要です。

摂食嚥下プロセスの第四期障害は、重度の嚥下障害で、口腔・咽頭・食道の機能が著しく低下し、摂食や水分摂取が困難な状態を指します。この状態では、口に入れた食物や飲み物が気道に入って窒息するリスクが高まります。このため、人工栄養や気管挿管などの対応が必要となる場合があります。第四期障害は、神経筋疾患や脳血管障害、頭頸部腫瘍などによって引き起こされることが多く、早期の治療が必要です。

------------ #認知症 を一言で表現するなら、短期記憶喪失。それは、物忘れではなくて、記憶が失われるという事。
 物忘れは思い出すのに時間がかかるだけで、思い出すのをあきらめた時物忘れになる。認知症は記憶が失われる。だから、常に記憶喪失になっているんだな。と思いながら接すると、案外うまくいく。

認知症が進むと、記憶喪失の期間が今からどんどんさかのぼっていくという事。案外昔のこと、特に充実していたころ、若いころや子供の頃の記憶は鮮明なのが #認知症 ということ。

#認知症 は、記憶するということ当たり前と思えることができなくなること。それによってさまざまな症状がでる。
 認知症でない人が認知症的なものを疑似体験するとすれば、それは、リアルな夢の中ではないかとは思う

リアルな夢を見た時、起きたときにはありえないと思える行動でも、夢を見ているときはたいてい疑問に思わない。もし、夢の中での自分の行動が、現実の自分の行動だったらと想像したり、シミュレーションしてみると、 #認知症 の疑似体験になると思う。


#認知症 の言語障害について。言語は当たり前のようにつかわれていますが、脳の中の脳の複数の領域が協調して行われます。 文字は視覚、音声は聴覚として別々の領域で処理され、さらに別の脳の領域で言葉として認識されます。認知症はこの脳の協調ができなくなることで、言語障害が生じます。

#認知症 の判断力・決定力の低下について。脳は、情報を処理するための複雑なネットワークであり、そのネットワークが損傷により、情報不足になります。脳内での情報不足となり、状況がわからないという結果になります。その結果、何を判断していいのかかわからなくなり、判断力、決定力が低下します

#認知症 の集中力の低下は、作業に集中するための注意力を制御する役割をもつ前頭前野の損傷や、注意の方向性を制御する役割をもっている側頭葉の損傷により、機能障害を引き起こし、集中力の低下につながります。

#認知症 の運動機能の低下は、脳の損傷にり、運動を計画し実行するための前頭前野、側頭葉、小脳などの領域が協調して機能が難しくなったり、運動の制御ができなくなることで、運動機能の低下が生じます。

#認知症 による行動・性格の変化は、前頭前野の損傷によって、判断力や抑制力が低下することで、本音と建前の使い分けができなくなり、その時思ったことを考えなし言ったり、行動することで回りが変化したと感じることがあります。別に人格が変わったわけではありません

#認知症 による空間認識の障害は、側頭葉や頭頂葉の損傷によって、視覚的空間認識や位置認識、距離感の認識が困難になります。また、前頭前野の損傷によって、計画的な行動や空間的な判断力が低下することもあります。

#認知症 による障害は、認知症以外の人にとっては、不可解ですが、認知症の人にとっては、理由があり、客観的には間違いであっても、認知症の人の主観にとっては正しいということであり、認知症の人にとっての現実であることであるということが、認知症理解の第一歩だとは思います。


-------------- ソーシャルワーク 重曹レベル
マクロ(Macro):地域全体や社会全体に関わる規模の大きなケアマネジメントのことを指します。例えば、地域全体の介護サービスの企画や、地域住民の健康増進活動の支援などが該当します。
メゾ(Mezzo):地域や施設、グループなどの中間的な規模でのケアマネジメントのことを指します。例えば、介護施設の運営や、地域のネットワークを活用した地域包括ケアシステムの構築などが該当します。
ミクロ(Micro):個別の利用者に対する直接的なケアマネジメントのことを指します。例えば、利用者のケアプラン作成や、介護サービスの提供調整などが該当します。

---------------- バイスティックの7原則を福祉分野での援助に適用した場合の解説を示します。

絶対的に人を傷つけないこと(Non-maleficence):介護者や支援者が、被介護者や利用者に対して、決して悪影響を及ぼさないことが最優先となります。例えば、薬の誤投与や、手順の誤りなどがあってはなりません。

継続的な利益(Beneficence):介護者や支援者は、被介護者や利用者に対して、最大限の利益をもたらすように援助を続けることが求められます。例えば、介護の質の向上や、必要な支援を継続することが挙げられます。


自己決定権の尊重(Respect for Autonomy):被介護者や利用者が自己決定を行う権利を有しており、介護者や支援者はこれを尊重し、その意思決定を支援することが重要です。

公正な配分(Justice):介護サービスの提供において、被介護者や利用者に対して公正かつ適切な配分を行うことが必要です。

情報の共有(Openness):介護者や支援者は、被介護者や利用者に対して必要な情報を適宜共有し、適切な意思決定ができるようにサポートすることが必要です。

機密性の保護(Confidentiality):介護者や支援者は、被介護者や利用者のプライバシーや機密性を保護することが求められます。

連続性の確保(Continuity):介護者や支援者は、被介護者や利用者に対して必要なサービスや支援を、連続的かつ適切に提供することが求められます。

「原則1:クライエントを個人として捉える(個別化)」、「原則2:クライエントの感情表現を大切にする(意図的な感情の表出)」、「原則3:援助者は自分の感情を自覚して吟味する(統制された情緒的関与)」、「原則4:受けとめる(受容)」、「原則5:クライエントを一方的に非難しない(非審判的態度)」、「原則6:クライエントの自己決定を促して尊重する(クライエントの自己決定)」、「原則7:秘密を保持して信頼感を醸成する(秘密保持)」の七つからなる

----------------
目次は、最新のものから上に上がってきますので、順番は更新時に変わります。

管理人/副管理人のみ編集できます