日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

あと一回の生涯だけ、迷いの世界を生き抜けば、次の生涯には仏となることが出来る地位のこと。一生を過ぎれば、仏の処を補うべき位にいる菩薩のこと、一生所繋菩薩。そして、その場所を第四天兜率天などという。大乗仏教では、現在、弥勒菩薩がその位にあると考えることが多い。
護明菩薩とは、釈迦牟尼仏、一生補処として第四天にましますときの名なり。 『正法眼蔵』「一百八法明門」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます