日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

姿は見えないが、明らかに働いていること。曹洞宗ではこの「陰徳の行」を重んじており、喩え世のため、人のための行いをしたとしても、それを誇示するのは恥であるといわれている。
一日示ニ云ク、人は必ズ陰徳を修スベシ。必ズ冥加顕益有るなり。たとい泥木塑像麁悪なりとも、仏像をば敬礼すべシ。黄紙朱軸荒品なりとも、経教をば帰敬スベシ。破戒無慚の僧侶なりとも僧躰をば信仰スベシ。内心に信心をもて敬礼すれば、必ズ顕福を蒙ルなり。 『正法眼蔵随聞記』巻4−8

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます