日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

直系の子孫としては、8親等を意味する用語ともされるが、道元禅師などが使用される場合は、「遙か遠くの世代の弟子」の意味。
般若多羅?尊者は、天竺国東印度?種草なり。迦葉?尊者より第二十七世の正嫡なり。仏家調度ことごとく正伝せり。頂𩕳・眼睛拳頭鼻孔・拄杖・鉢盂衣法・骨髄等を住持せり。我等が曩祖なり、我等は雲孫なり。 『正法眼蔵』「看経」巻

上記の通り、道元禅師は西天二十七祖の般若多羅尊者(菩提達磨尊者の師)に対して、自らを「雲孫」と名乗っているが、同じ数え方で五十一祖となる道元禅師は「8親等」の位置にいないことは明らかである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます