日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

禅林の中で、看経を行うための堂舎のこと。
また、僧のみづから発心して看経するあり。寺院もとより公界の看経堂あり。かの堂につきて看経するなり。その儀、いま清規のごとし。 『正法眼蔵』「看経」巻

道元禅師は「公界の看経堂」があるとされるが、ご自身が建立された興聖寺永平寺にそれが存在したかどうかは確認出来ない。また、「その儀、いま清規のごとし」とされるが、「看経堂」での看経については、『禅苑清規』巻3「蔵主」項に、「看経堂首座」という配役を挙げ、看経法を示していることを指すと思われる。なお、看経堂の具体的内容は示されていないが、「蔵主」項にあることに鑑れば、経蔵付近に設置されていたものか。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます