禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

瞑想などで心を集中して、特定の対象について姿や性質を観察すること。
しづかに観想すらくは、初祖いく千万の西来ありとも、二祖もし行持せずば、今日の飽学措大あるべからず。今日、われら正法を見聞するたぐひとなれり、祖の恩、かならず報謝すべし。 『正法眼蔵』「行持(下)」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます