曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

サンスクリット語でsutra、パーリ語でsutta。契経と意訳。修多羅と音写。
―鳥紂△琉奸6気┐隆靄楡、教えを貫く綱要。古代インドでは、宗教や学術の基本説をまとめた短い文章をスートラと呼んだ。仏教でも、釈尊尊者の教えをスートラと呼ぶ。
経に示される法のこと。
この経を、すなはち法となづく、これに八万四千の説法蘊あり、この経のなかに、成等正覚諸仏なる文字あり、現住世間の諸仏なる文字あり、入般涅槃の諸仏なる文字あり。如来・如去、ともに経中の文字なり、法上の法文なり。 『正法眼蔵』「仏経」巻

7个諒原腓里海函
し个瞭睛討載る本のこと。経本、経典。一般的な形式は「如是我聞」で始まり「信受奉行」で終わる。それは、経が釈尊入滅後に行われた結集によって成立したためであると、中国や日本では解釈された。ただし、それは『阿含経』の一部が該当し、大乗経典の場合にはそれを模して作られたものである。十八種物の一。
九部、または十二分教の一。散文で教説を端的に説いたもの。
聖典のこと。三蔵は経・?に分類される。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます