日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

元々の意味は、驢馬(ロバ)を繋ぐくいのこと。転じて、自由闊達なる禅僧が、文字言句などにとらわれてしまう様子を指す。
子曰く、一句合頭語、万劫繋驢橛。 『永平広録』巻8-法語8

道元禅師はこのように、中国青原下の船子徳誠禅師が、夾山善会禅師に発した一句を、自らの上堂語に引用された。意味としては、道理に適ったと思った一句が、かえって万劫という無限の時間にわたってとらわれることになる、という意味である。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます