曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

〆、実際に存在していること。
いま如来滅後、後五百歳のとき、人天いかがせん。しかあれども、如来の形像舎利等、なほ世間に現住しまします。これに帰依したてまつるに、また、かみのごとくの功徳をうるなり。 『正法眼蔵』「帰依仏法僧宝」巻

或る寺院にて、現在の住職ということ。
寛文丁未孟夏四月、仏誕生日、現住永平光紹謹んで跋す。 寛政本『永平大清規』跋文

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます