曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

黄昏鐘の略称。いわゆる暮六つの鐘といわれるもの。日没後、二刻半に初更の一点を打って、終わってただちに大鐘を108回打つことになっている。

弁道法』では、四時坐禅の一である黄昏の坐禅について、この昏鐘を合図に雲堂に入ることが定められている。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます