曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

禅苑清規』巻9に収録された、在家者を沙弥にするために受戒得度)させる作法のこと。『入衆須知』や『禅林備用清規』巻10などにも同文が収録される。

【内容】

「沙弥受戒文」の差定は以下の通りである(原文には差定の題が見えないため、管理人が適宜付す)。

・準備
戒師引請
・戒師焼香
・受戒拝請
啓白文
出家偈(善哉大丈夫)
剃髪偈(毀形守志節、周羅一結剃除)
・授袈裟(搭袈裟偈
受戒
  懺悔
  三帰戒
  五戒(尽形受)
  沙弥十戒(尽形受)
・戒師訓誡
処世界梵
帰依三宝
回向
謝拝(謝大戒詞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます