曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

叢林において、斎の時間が近付いたことを知らせる、午前11時頃に鳴らされる鐘のこと。

【内容】

時間になったら、鐘司はまず鼓を三声鳴らし、続いて大鐘を十八声(九声に略しても良い)鳴らす。この時、諸尊に対して仏供を献じ、また、引き続いて日中諷経午斎行鉢となる。
斎時、三鼓の後、大鐘を鳴らすは、斎時を報ずるなり。城隍ならば先ず斎鐘、山林ならば先ず三鼓なり。 『赴粥飯法

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます