曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

\限犬靴討い覺間のこと。
潙仰宗と称すべくは、両位の尊宿の在世に称すべし。在世に称すべからんを称ぜざらんは、なにのさわりによりてか称せざらん。 『正法眼蔵』「仏道」巻

特に、この語句だけで、釈尊が生きておられたとき、という意味がある。或いは仏在世、などとも表現する。
しかあれば、仏道功徳要機、もらさずそなはれり。西天より東地につたはれて十万八千里なり、在世より今日につたはれて二千余載、この道理を参学せざるともがら、みだりにあやまりていはく、仏祖正伝正法眼蔵涅槃妙心、みだりにこれを禅宗と称す、祖師を禅祖と称す、学者禅師と号す、あるひは禅和子と称し、あるひは禅家流の自称あり。 『正法眼蔵』「仏道」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます