曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

〇絢錣両茲衒の意。ここでいう乗り物とは、衆生を悟りに導いていく教えを喩えたものであり、声聞乗縁覚乗菩薩乗?のことである。または縁覚乗を独覚乗ともいい、菩薩乗を仏乗ともいう。仏は、衆生機根に応じて、様々な教えを説いたとされ、この三乗については、前二乗が小乗仏教であるとされ、後の一つが大乗仏教であるともされた。また、『法華経』「譬喩品」に於ける火宅の譬えでは、この三乗の外に真実の一乗を設けるか、それとも三乗がまさに全て一乗の方便としての現れと見るかで、様々な解釈がある。
道元禅師は、『正法眼蔵』「仏教」巻にて、この三乗についての解説を行っている。それは声聞縁覚菩薩項のそれぞれを参照のこと。

【内容】

道元禅師は、「仏教」巻に於ける三乗の解説の末尾に取り上げた「菩薩」の解説で、重ねて「六波羅蜜」についても取り上げられている。そこでは、六波羅蜜に関する段階的理解を否定している。
六波羅蜜といふは、檀波羅蜜・尸羅波羅蜜・羼提波羅蜜・毘梨耶波羅蜜・禅那波羅蜜・般若波羅蜜なり。これは、ともに無上菩提なり。無生・無作の論にあらず。かならずしも檀をはじめとし、般若をおはりとせず。経に云く、利根の菩薩は、般若を初めと為し、檀を終りと為す。鈍根の菩薩は、檀を初めと為し、般若を終りと為す。

また、「仏教」巻では、仏の教えについて段階的発想の全てを否定しているが、それは修行の完成を段階的に見る発想をも否定していることになる。
波羅蜜といふは、彼岸到なり。彼岸は去来の相貌蹤跡にあらざれども、到は現成するなり、到は公案なり。修行の、彼岸へいたるべしとおもふことなかれ。これ彼岸に修行あるがゆえに、修行すれば彼岸到なり。この修行、かならず遍界現成の力量を具足するがゆえに。

修行をして、自分と遠いどこかにある完成(彼岸)に向かっていくのではなく、修行している当体がまさに、彼岸であることを示される。これは「修証一等」の思想から来る当然の帰結でもある。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます