日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

初めて晋山開堂を行う際に、新命和尚が自分自身の本師の名を天下に明かし、本師のために焚かれる香を「嗣承香」という。また、「法嗣の香」とも表記される。
尚ほ神秘して平生卒に嗣承を顕はさず。終焉のきざみ法嗣の香を焼く。唯世間愛名を疎くするのみに非ず、又宗家の嘉名をも恐るるなり。 『伝光録』「第五十祖・天童如浄禅師」章

【内容】

現行の『行持軌範』「晋山開堂法?」を参照すると、晋山開堂の時に新命登座し、一仏両祖開山歴住檀信徒各家先祖代々などに焼香した後、嗣承香を行う。その際に、新命は必ず懐中より香を出すとされる。また、後に上堂を行う際にも同じように嗣承香を行うことが出来るが、2度目以降のことは「報恩香」と呼称される。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます