日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

経文を書写すること。一般的には善行として行われる。大乗経典は、自らの優位性を明らかにするために「受持・読・誦・解説・書写」すれば、功徳が得られるとした。その書写行として写経が行われ、現在でも坐禅会などに合わせて仏教に親しむために行われたり、精神集中のためや、心願成就を期待して行われる。奈良の薬師寺はその再建のために「お写経勧進」を進めたことでも知られる。
初祖、金陵にいたりて梁武と相見するに、梁武とふ、朕即位して已来、造寺・写経・度僧すること、紀に勝ぐるべからず、何の功徳か有らん。師曰く、並びて功徳無し。 『正法眼蔵』「行持(上)」巻

なお、道元禅師自身は『法華経』書写の必要性を説かれている。
又、この生のうちに、法華経、つくりたてまつるべし。かきもし、摺写も、したてまつりて、たもちたてまつるべし。 『正法眼蔵』「道心」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人/副管理人のみ編集できます