日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

お椀型の小さな鐘に、柄を付け、更に鳴らすための細い棒をひもで繋いだものを手磬(『行持軌範』では「手鏧」と表記)という。法要に於いて役目の者は、手磬を左手(厳密な決まりでは無いようだが、利き手の関係から左手で持つ場合が多い)で持ちながら、右手に持った細い棒で打ち鳴らす。なお、無著道忠『禅林象器箋』巻27「手磬」項では、日本に於ける「鈴」であるという見解に対し、形状の違いから否定している。
行者、手磬を鳴らし、維那出班し、念誦して云く…… 『勅修百丈清規』「達磨忌」項

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人/副管理人のみ編集できます