日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

ゞ気┐鮗けたならば、記憶していくこと。受け持つこと。
非常に強い信心を持って、大乗の経典などを自己の所有とすること。受持・読・誦・解説・書写(・広説)は、大乗経典の功徳を発すとされる。
仏口はよのつねに万古に開す、いづれの時節か経典にあらざらん。このゆえに、受持の行者のみ見釈迦牟尼仏なり。 『正法眼蔵』「見仏」巻

0疥燹袈裟)を、正式な作法に則って自己の所有物とし、着用すること。
受持するといふは、著用するなり。いたづらに、たたみもちたらんずるにあらざるなり。 『正法眼蔵』「伝衣」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます