日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

戒会尸羅会ともいう。戒師教授師引請師の三師を始め、僧侶がそれぞれの配役に当たり、一寺に集会し、戒弟に対して仏の戒法を授けて、仏位に入らしめ、仏祖正伝血脈を授与すること。

【内容】

戒を授けるための法会には、その日にちの長さで、因脈会?法脈会?・授戒会などの違いがあるが、授戒会は一週間にわたり、毎日坐禅礼仏などを修行し、説戒・説教を聞き、5日目に懺悔式を行って捨身供養をし、6日目に仏の戒法を受けて登壇し、仏位に入る証明を得て、血脈の授与を受ける。

なお、授戒会は、鎌倉時代以降宗門で行われてきたが、江戸時代に入ってから、黄檗宗の方法なども取り入れられて、大々的に行われるようになったという。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます