曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

(に代わって法を伝え、その仏の教法・慧命を自ら相続していくこと。
いはく、仏法を住持せし諸祖ならびに諸仏、ともに自受用三昧端坐依行するを、その開悟のまさしきみちとせり。 『弁道話

一寺の寺院の主。住持職、住持人、住職などとも呼ばれる。
而今上堂は、先師古仏、ときに建康府の清凉寺に住持のとき、諸方の長老きたれり。 『正法眼蔵』「遍参」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます