日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

仏陀の十種の称号のこと。如来十号とも。具体的な内容は如来応供正遍知明行足善逝世間解無上士調御丈夫天人師仏世尊、となっている。
大般涅槃経第二十二に曰く「仏言く、善男子、我れ、過去無量無辺なる那由他劫を念うに、爾の時、世界を名けて娑婆と曰う。仏世尊有りて、釈迦牟尼如来応供正遍知明行足善逝世間解無上士調御丈夫天人師仏世尊と号す」。 『正法眼蔵』「供養諸仏」巻

なお、この十号を1つと考えて、仏陀そのものを指すこともある。
われらがいまの功夫、ただ画よりえたるなり。十号・三明、これ一軸の画なり、根力覚道、これ一軸の画なり。 『正法眼蔵』「画餅」巻

また、「十号」について解説した『仏説十号経』(『大正蔵』巻17「経集部四」に所収)という経典があって、この内容は決して大乗色ばかりが強いとは言えない。実際に阿含経典から十号が出ることを考えれば、大乗ではその古い時代の呼び名を踏襲したと言える。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます