日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

古来存在した礼拝法で、坐具を展き12度礼拝すること。
大衆、礼拝、をはりて、知事、まづ庫堂にかへりて主位に立す。つぎに首座、すなはち大衆を領して庫司にいたりて人事す、いはゆる知事と触礼三拝するなり。このとき小師侍者法眷等は、法堂上にて住持人を礼拝す。法眷は、両展三拝?すべし、住持人の答拝あり。小師・侍者、おのおの九拝す、答拝なし。沙弥九拝、あるいは十二拝なり、住持人、合掌してうくるのみなり。 『正法眼蔵』「安居」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます