禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

衆生に於ける様々な覚の状態のこと。本覚始覚、無覚・正覚などの表現が見える。
いはんやいまの道は、本覚を前途にもとむるにあらず、始覚を証中に拈来するにあらず。おほよそ、本覚等を現成せしむるは仏祖功徳なりといへども、始覚・本覚等の諸覚を仏祖とせるにはあらざるなり。 『正法眼蔵』「海印三昧」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます