曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

「小乗仏教」という語句は、近世までには存在していない。道元禅師は、声聞乗、または、律宗などを「小乗」であると指摘しているが、その思想的立場などの詳述は行われていない。
おほよそ境をみては、あきらむることをならふべし。おぢてにぐるとのみならふは、小乗声聞の教行なり。 『正法眼蔵』「礼拝得髄」巻

上記は、声聞乗を小乗だとしたものである。また、律宗も以下の通り批判された。
律家声聞の小見、すててまなぶことなかれ、小乗なりとしるべし。 『正法眼蔵』「伝衣」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます