日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

塵労?煩悩のこと。稠林は樹がよく繁茂している林のこと。煩悩や世俗の煩わしい営みが、林が茂るように多く盛んなさま。在家の生活のこと。
しかるあるに、小乗愚人いはく、造像起塔有為功業なり、さしおきていとなむべからず、息慮凝心、これ無為なり、無生・無作これ真実なり、法性実相観行?、これ無為なり。かくのごとくいふを、西天東地の古今の習俗とせり。これによりて重罪・逆罪をつくるといへども、造像・起塔せず。塵労稠林に染汚すといへども、念仏読経せず。これただ人天種子を損壊するのみにあらず、如来仏性撥無するともがらなり。 『正法眼蔵』「発無上心」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます