禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

,瓩任燭い靴襪靴里海函
△瓩任燭い海箸起きる兆し。
これ釈迦如来、そのかみ太子のとき、夜半に踰城し、日たけてやまにいりて、みづから頭髪を断じまします。ときに浄居天きたりて、頭髪を剃除したてまつり、袈裟をさづけたてまつれり。これ、かならず如来出世の瑞相なり、諸仏世尊常法なり。 『正法眼蔵』「出家功徳」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます