曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

(事に精魂を込めて、ひたすらに進むこと。善をなすのに勇敢であること、勤め励むこと、心を励ましてさとりの道に進むこと。励み。善を助けることを、その本質とする。六波羅蜜の一、毘梨耶波羅蜜。
また六枚の般若あり、布施・浄戒・安忍・精進・静慮・般若なり。 『正法眼蔵』「摩訶般若波羅蜜」巻

四神足の一。七覚支の一。五力の一。五根の一。八大人覚の一、勤精進。
祭祀を行う前の準備として身心を清めること、斎戒
ぢ縁を断って潔斎し、仏門に入って宗教的な生活を送ることをいう。後には、魚・鳥・獣といった肉を食わないこともいう(精進料理)ようになった。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます