日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

読み方は「ちょうちゃく」。打も擲も、打つこと、殴りつけることの意味があり、意味としては人をぶつこと、殴ること。
先師天童浄和尚住持の時、僧堂にて衆僧坐禅の時、眠リを警むるに履を以て是を打謗言呵嘖せしかども、僧皆打る事を喜び、讃嘆しき。ある時、また上堂の次でには、常に云、「我已に老後の今は、衆を辞し、庵に住して老を扶て居るべけれども、衆の知識として各々の迷を破り、道を助けんがために住持人たり。是に因て或は呵嘖の言を出し、竹箆打擲等の事を行ず。是レ頗る恐あり。然れども、代仏化儀揚式なり。諸兄弟、慈悲をもてこれを許し給へ」と言へば、衆僧流涕しき。 『正法眼蔵随聞記』巻2-5

かつての禅林では指導の一環で暴力が行われていたが、現代的な観点では修行者自身の人権を尊重し、殴るなどの暴力的手段でもって指導を行うべきではない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます