曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

三衣の一。僧伽梨衣といい、正装の袈裟に当たる。町に托鉢に出たり、王宮に招かれた際に着る衣。九条衣よりも条数が多いため大衣ともいい、現在曹洞宗授戒を行う場合の戒師は、これを着けなくてはならない。
又云く、僧伽梨衣、大衣と謂うなり。又云く入王宮衣、又云く説法衣。 『正法眼蔵』「袈裟功徳」巻

現今、僧侶坐禅法要などで身に着ける直綴のことを大衣という。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます