禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

開静の方法の一。本来は夜間の終わりを告げるために鳴らされる合図のこと。対義語は小開静。現代では、後夜坐禅の終了を示すものだと理解されることが多い。
五更三点の後、大鐘を鳴らすは黄昏鐘?の如し。後夜鐘罷、庫前五更四点の後、庫前版を鳴らすこと三会す、小開静と名づく。行者、斉しく起つなり。卯時、将に終わらんとす。五更五点の後、鼓版撃動すること、長打三会なり。大開静と名づく。 『瑩山清規

退董式授戒会の終了時、住職戒師などが寺から出立する際に、寺内の鳴器を一斉に鳴らすことを、,暴爐犬涜膤静という。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます