日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

道元禅師及び日本曹洞宗の戒律観を示す言葉であり、日本天台宗の開祖である伝教大師最澄が提唱した大乗戒のみを受ければよいとする戒律観と軌を一にする(鏡島元隆氏『道元禅師のその周辺』参考)。なお、道元禅師は特に、小乗戒である比丘戒を受けずに、大乗の菩薩戒さえ受けていれば祖師としての資格があると力説された。対義語は「兼受菩薩戒」であるが、「単受」という言葉が、1回だけの受戒を意味すると危惧されることと、道元禅師ご自身が比叡山や臨済宗の祖師から菩薩戒を重ねて受けておられる事実から、「重受菩薩戒」という概念も提出されている(吉田道興氏「道元禅師の菩薩戒重受について」『宗学研究』33号所収)。
この受戒の儀、かならず仏祖正伝せり。丹霞天然・薬山高沙弥等、おなじく受持しきたれり。比丘戒をうけざる祖師かくのごとくあれども、この仏祖正伝菩薩戒うけざる祖師、いまだあらず、必ず受持するなり。 『正法眼蔵』「受戒」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人/副管理人のみ編集できます