曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

,燭醒韻法△修里泙沺⊂しの余念も交えないこと。
従来の身心を廻転せず、但、他の証に随い去るを直下と名づけ、承当と名くるなり。 『学道用心集』「直下承当事」

直下、真下ということ。
万法家風をきかんには、方円とみゆるよりほかに、のこりの海徳・山徳おほくきわまりなく、よもの世界あることをしるべし。かたはらのみかくのごとくあるにあらず、直下も一滴もしかある、としるべし。 『正法眼蔵』「現成公案」巻

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます