曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

日本曹洞宗に於ける大本山總持寺などは、かつて複数の寺(末寺輪番地)の住職が、決まった期間で当該寺院(本寺)の住職を交代する輪住制を導入していた。これに対して1人の住職が、退董するか遷化するまで務めることを独住制と言い、その住職のことを独住と呼ぶ。
叢林修行などの集団での修行をせずに、独りで山林などに籠もって修行をすることを独住といい、日本曹洞宗では道元禅師以来、独住形式による修行については、否定的である。
然るに諸仁者、子細に叢林に修錬し、長時に知識に参尋して、大事悉く明め、自己まさに明辨し畢り、其後暫く根を深くし蔕を固くせんことは、曩祖の付属なりといふとも、殊に此一門の中、永平開山独住を誡めらる。是れ人を邪路に趣かせじとなり。殊に先師二代の示し曰く、我弟子は独住すべからず、設ひ得道せりとも叢林に修錬すべし。況や亦た参学の輩は一向独住すべからず。是制に背せん者は吾門葉に非ずと。 瑩山禅師『伝光録』第14章

このページへのコメント

> hosaka akiko さん

コメントありがとうございます。

管理人です。

独住と貫首(曹洞宗では、貫主ではなくて、貫首と表記します)は同じか、とのご質問をいただきました。上記記事ですと,亡悗錣襪海箸世隼廚い泙后

そこで、独住というのは「輪住」に対応する言葉であり、特に曹洞宗の大本山總持寺などは、明治期になるまで永らく、「輪住」といって、全国各地の末派寺院の住職が、代わり番こに住職を務める制度(期間が非常に短いです)を採用していました。

それに対して、独住というのは、一人の住職が、基本は終身(途中で辞めることは出来ます)で住職を務めることであり、明治維新の時、總持寺は政府から独住制に移行をするように勧告されました。

なお、本山の独住であるが故に、結果として貫首ということになりますが、總持寺以外のお寺でも、輪住制を採用していた場合、独住に移行した例があります。

よって、結論としては、貫首というのは独住を指しますが、独住が貫首であるかどうかというと、そのお寺によって異なる、という指摘が可能です。

0
Posted by  turatura turatura 2018年06月20日(水) 05:43:38 返信

独住と貫主は同じですか?

0
Posted by hosaka akiko 2018年06月17日(日) 21:16:58 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます