日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

室町時代に日本曹洞宗が輩出した学僧。号は梅山、名は聞本。太源派の1人として、各地で化を振るった。

生没年:生年不明〜応永24年(1417)
出身地:美濃

【略歴】

美濃で生まれた梅山禅師は、幼い時に律宗寺院にて出家したが、後に仏陀寺にいた太源?宗真に嗣法した。後に、越前に於いて正寿が創建した龍沢寺の開山となり、同寺を辞してから金剛寺も開く。總持寺にも出世した。

その後は、龍沢寺にて幽居しており、足利義満からの招きをも辞した。そして、応永24年9月7日に遷化している。世寿は不明だが、79歳だったという説もある。なお、遠江の大洞院?や、越後の耕雲寺?などに開山として勧請されている。

法嗣として、如仲天襦傑堂?能勝・太初継覚など6人がいる。

【著作】

・『梅山和尚戒法論

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人/副管理人のみ編集できます