曹洞禅・仏教に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々について管理人が研究した結果を簡潔に示しています。曹洞禅・仏教に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

僧堂食堂などで、粥飯を食べる際の作法のこと、行鉢法禅宗寺院では、朝は粥で昼は食を摂るが、進退作法には厳密な規定が存しており、それを赴粥飯法と称する。この場合「赴」は「おもむく」の意。『禅苑清規』巻1には、「赴粥飯」として作法が収録されており、道元禅師は『赴粥飯法』として単独の著作を示した。
道元禅師の『永平大清規』の一。詳細は同項参照のこと。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます