日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

十八界の一である法境、すなわち意識の対象。考えられるもの。
決まり、定め、習わし。
B臂菠教では、特に法界が宗教的な本源を意味するようになったため、事物の根源や法の根源を意味する。大乗仏教では、全宇宙の存在を法、つまりは真理の顕れと見て、真如と同じ意味で使う。法界は真理そのものであり、仏陀、法身と同義である。
発菩提心の正当恁麼時には、法界ことごとく発菩提心なり。 『正法眼蔵』「身心学道」巻

げ攜袈騎悗任蓮◆峺充造里△蠅里泙泙寮こΑ廚函◆屬修譴鬚修里茲Δ砲△蕕靴瓩討い襪箸海蹐里發痢廚箸裡欧弔鯀蠡的に表現するものとして考える。界の語は、「性」の義で取り、法性と同じと採る場合と、「分」の義で取り、法性の顕れと同義で採る。
ヅ径羔騎悗任蓮∨ヽΔ砲論こΔ繁\との両面がある。
α汗こΑ∩官宙、あらゆる場所、の意。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

管理人/副管理人のみ編集できます